脳卒中リハビリ

脳卒中片麻痺における正しい立位姿勢の確立

脳卒中片麻痺における正しい立位姿勢の確立

 

はじめに

今回は脳卒中片麻痺における正しい立位姿勢の確立についてのご説明をいたします。 これを読まれている方の中には、「正しい姿勢といっても麻痺があれば正しい姿勢なんてとれないし、どうすれば良いかも分からない」と思っておられる方もたくさんおられると思います。

しかし人間の身体の構造は基本的には一緒ですし、脳卒中片麻痺にも基本的なパターンがありますので、それぞれの皆さんが抱えている問題のベースはほとんど一緒であると言えると思います。

ですからこのウェブサイトでは可能な限りみなさんの問題を解決できるようなアイデアを提供していきたいと考えています。

脳卒中片麻痺の歩行能力を高めていく上での基本となるのが「立位姿勢」です。

中には麻痺を無理やりねじ伏せるようにして強引に歩行しているケースも見受けられますが、なるべく理想的な立位姿勢を確立することで、その後の歩行パターンを効率的で安全なものにして、長く痛みなどがなく安全に歩行することが可能になります。

 

立位姿勢を正しくとれるようになることは、その後の歩行パターンや歩行能力の改善にとって重要です

 

正面から見た立位姿勢のチェックポイント

  1. 足のつく位置が肩幅以上に広く横に広がっていないか?

  2. 麻痺側の足に体重を乗せることを避けて休めの姿勢になっていないか?

  3. 麻痺側の肩が下がりすぎたり上がりすぎたりしていないか?

IMG_2655

上記の3つのポイントに注意して姿見でチェックするか、あるいは家族の方に見てもらってください。

 

⑴ 足のつく位置が横に広がりすぎている場合

IMG_2745

この場合は左右の下肢の筋力低下や麻痺により体重支持が難しくなってきていることを示しています。一般的には廃用症候群という運動不足による筋力低下が考えられます。 この場合、キチンと運動して筋力を取り戻すことが大切です。 主な運動としては手すりにつかまって片足立ち練習を行います。

脳卒中立位011

(手すりにつかまっての片足立ち練習 健側立ち)

脳卒中立位010
(手すりにつかまっての片足立ち練習 麻痺側立ち)

 

⑵ 麻痺側の足に体重を乗せる事を避けて休めの姿勢になっている場合

IMG_2677

この場合は麻痺側の足底の感覚低下や麻痺による支持力低下が示されています。この場合は立位において麻痺側の足に体重を乗せて、それを安定して行えるように練習することが必要となります。 主な運動としては手すりにつかまって麻痺側の足への体重移動の練習を行います。この練習は繰り返し気長に行い、安定して麻痺側の足に体重が乗せられるようになるまで練習を継続してください。

脳卒中立位003

(手すりにつかまっての開始姿勢 やや両足を拡げて立ちます)

脳卒中立位001

(手すりにつかまっての麻痺側への体重移動練習 腰から麻痺側に体重移動、この時頭は残す様にします)

脳卒中立位002

(手すりにつかまっての健側への体重移動練習 腰から健側に体重移動、この時頭は残す様にします)

※ この動作を繰り返し行って麻痺側への体重移動が上手にできる様になるまで練習します。

 

⑶ 麻痺側の肩が下がりすぎたり上がりすぎている場合

この場合はバランスをとるのに骨盤ではなく肩に力が入って肩でバランスを取ろうとしています。 この場合は立位において、骨盤を意識して立つように練習することで肩の力を抜くことができます。 主な練習方法としては手すりにつかまって、なるべく背骨を伸ばした状態でお尻の穴をすぼめるように力を入れてもらい、少し腰を前に突き出すようにします。 そしてやや爪先に体重をかけるように意識してもらいます。こうして腰に力を入れて爪先に体重を乗せる練習をすることで、自然と骨盤を意識して体重をコントロールするようになり、肩から力が抜けていきます。

脳卒中立位004

(開始姿勢は一般的に前屈みになり腰が後ろに引けています)

脳卒中立位006
( 手すりにつかまっての骨盤での爪先への体重移動 上半身をそらして骨盤で爪先に体重を移動します)

 

側面から見た立位姿勢のチェックポイント

  1. やや腰を引き気味に落として前屈み気味な立位になっていないか?

  2. 顎を前に突き出していないか?

脳卒中立位007

これらの2点のチェックポイントは、どちらも前後方向の重心線が後方に移動して踵体重になっていることを示しています。 踵体重での立位歩行が習慣化すると、立位歩行時に正しく筋肉が働かずに、ひざ関節痛や腰痛の原因となり、また下肢の筋力も低下していきます。

主な運動方法としては手すりにつかまって、なるべく背筋を伸ばすようにしながら、爪先立ちの練習を行います。

脳卒中立位008

(手すりにつかまっての両足揃えての爪先立ち練習 開始)

脳卒中立位009
(手すりにつかまっての両足揃えての爪先立ち練習 爪先立ち)

このとき足のつく位置は前後を揃えて肩幅に開いておきます。 やっているうちに麻痺側の足をつく位置がずれてしまわないように注意してください。

※ これらの運動に関しては、転倒に注意して安全に行ってください。

 

強い腰痛がある場合は無理をしないようにしてください。 この運動を行うに関しては、主治医や担当のリハビリ専門家に相談の上、自己責任で行っていただくようお願い申し上げます。

 

次回は

脳卒中片麻痺の歩行 ①麻痺側の腰を後ろに引く形で健側を前に出すように歩くパターン

についてご説明いたします。 よろしくお願い申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

注意事項

※ このウェブサイトでご紹介する運動内容などは、皆様を個別に評価して処方されたものではありません。 実際のリハビリの取り組みについては皆様の主治医や担当リハビリ専門職とご相談の上行っていただきますようお願い申し上げます。

 

脳卒中片麻痺の自主トレテキストを作りました!

まずは第一弾として皆様からご要望の多かった、麻痺側の手を動かせるようにしたいとの声にお応えするために、手のリハビリテキストを作りました。

手の機能を改善させるための、ご自宅の自主トレで世界の最先端リハビリ手法を、手軽に実践する方法を解説しています。

超音波療法や振動セラピー、EMS療法による神経促通など、一般病院ではまず受けられないような、最新のリハビリアプローチが自宅で実行できます。

現在の日本国内で、このレベルの在宅リハビリは他にはないと思います。

そしてこのプログラムは施設での実施にて、すでに結果が認められています。

あとは皆さんの継続力だけですね。

テキストは電子書籍になっており、インフォトップと言う電子書籍の販売ASPからのダウンロードになります。

全180ページに数百点の写真と3D画像などで分かりやすく解説しています。

コピーが容易な電子書籍の性格上、少し受注の管理やコピーガードなどが厳しくなっていますが、安全にご利用いただくためですの、ご容赦くださいね。

ぜひ一度お試しください。

脳卒中手の機能テキスト02

ヘッダー

 

 

関連ページ

5. 動作時にフラつかない身体の軸を作るリハビリ方法

 

関連記事

  1. 脳卒中片麻痺の手指の運動ファシリテーション
  2. 振動セラピーでの脳卒中片麻痺の上肢機能の神経促通運動
  3. 脳梗塞の麻痺が治る可能性について!
  4. 脳卒中片麻痺 起きていると麻痺側の腕が挙がらないのはなぜ?
  5. 脳卒中片麻痺のリハビリテーションで諦めずに頑張るべき5つのポイン…
  6. 脳卒中ニューロリハビリ 脳幹網様体と歩行パターン制御
  7. 脳卒中ニューロリハビリの基礎 神経再生を促す運動学習とは!
  8. 脳卒中片麻痺を改善するための神経促通を行う前に整えるべき身体条件…

おすすめ記事

PAGE TOP