進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺(PSP)の性格変化について!

進行性核上性麻痺(PSP)の性格変化について!

 

 

はじめに

進行性核上性麻痺(PSP)は、大脳基底核などにタオ淡白が蓄積することで、大脳基底核の運動制御機能が障害され、パーキンソニズムと呼ばれる、運動制御の障害が出る病気です。

パーキンソニズムとは、動作のすくみや、歩行リズムの障害、振戦など、麻痺ではないけれども、運動の制御がうまくいかなくなって、パーキンソン病によく似た症状が出る症候群を言います。

パーキンソン病も、大脳基底核にレビー小体が溜まって、運動制御が障害される病気ですので、同じような症状が出るのも、当然と言えますね。

しかしパーキンソン病もそうなのですが、進行性核上性麻痺(PSP)では、運動制御の障害の他にも、様々な症状が起こります。

今回は進行性核上性麻痺(PSP)の症状の中で、「性格変化」について解説してみたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

よく見られるPSPの性格変化とは

 

PSPが発症してから、比較的に始めの頃に見られる性格変化に、「怒りっぽくなる」というのがあります。

これは結構頻繁に見られる性格変化なのではないかと思います。

まあPSP自体が、非常に稀な病気なので、なんとも言えないのですが。

この怒りっぽくなるというのは、どういう風に怒りっぽくなるのかというと、「なんでそんな些細なことで火がついたように感情が高ぶるのか?」というような感じでしょうか。

PSPの病気の初期に、この些細なことで、周囲が驚くくらい怒りっぽくなって、しょっちゅう起こっている状態が、よくみられているようです。

そして病気が進行するにつれて、怒りっぽさがなくなっていき、やがて穏やかになっていきます。

それと同時に、楽天的な性格になる方も、よく見受けられます。

 

 

なぜこのような性格変化がPSPで見られるのか?

 

では一体なぜ、進行性核上性麻痺(PSP)において、このような性格変化が見られることが多いのでしょう?

このPSPの性格変化については、大脳基底核の機能を考えると、理解しやすいと思います。

進行性核上性麻痺(PSP)とは、脳内の大脳基底核に、タオ淡白が蓄積することで、大脳基底核の機能が障害され、運動制御の障害による運動障害(パーキンソニズム)が起きる病気ですね。

実はこの大脳基底核には、感情コントロールに関わる機能もあるのです。

例えば、あなたにもこんな経験がありませんか?

学生時代の体育の授業で、サッカーをやったとします。

寒い中、初めのうちは「かったるいなー」なんて文句を言っていたのが、次第にゲームに夢中になるにつれて、大声をあげながら走り回るようになり、必死にゴールを決めたら、ガッツポーズをしたりするようになります。

そうです。

ヒトは運動していると、次第に気分が高揚してくる傾向があるのです。

実は大脳皮質の運動野と連携して、運動制御をおこなっている大脳基底核からは、すぐ近くにある、感情をコントロールする「扁桃体」などの神経核や、それに関与する感情コントロール回路に、神経伝達があるのです。

つまり大脳基底核は、運動制御だけでなく、感情制御にも関与しているらしいのです。

なぜ大脳基底核は、運動制御だけでなく、感情制御(感情コントロール)もおこなっているのでしょうか?

 

 

運動制御と感情コントロールの重要な関連について

 

実は運動制御と感情コントロールには、重要な関係があるのです。

例えば森の中の小道を歩いていて、足元から蛇が出てきたら、皆さんはどうしますか?

びっくりして「うわ」なんて奇声をあげながら、飛び上がりますよね。

この時に、感情と運動は同時に、危険を察知した反応としての、制御を受けています。

また暗い夜道で、反対側から、不気味な仮面をかぶった大男が、チェーンソーを唸らせながら、こちらに向かって、走ってきたらどうします?

これも慌てて後ろに向かって走って逃げ出しますよね。

当然のことに全力疾走です。

まさかその場に立ち止まったまま、ニコニコして「やあ、どうか殺さないでください」なんて言ったりしませんよね。

本当に殺されてしまいますよwww

 

要するに何が言いたいのかというと、感情と運動の制御を、同時に整合性を持って行うことは、厳しい自然環境の中では、必須の機能だということです。

ですから運動制御と感情コントロールは、常に連携していなければならないのです。

なので運動制御の重要な神経回路である、大脳基底核の機能が障害されると、感情コントロールもオカシクなってしまうのです。

 

 

進行性核上性麻痺(PSP)の性格変化への対応方法!

 

このようにPSPによる、大脳基底核の障害では、感情コントロールの障害からの、性格変化はほとんどのケースで起こりうるのです。

ではこれらの性格変化に、どのように対処すればいいのでしょうか?

実は初めにはっきり言ってしまいますが、性格変化に対処する、良い医学的な方法はありません。

だって「性格を良くする薬」なんて、聞いたことないでしょう。

そんなものがあるなら、PSPになる前に、あなたも奥さんや旦那さんに、こっそり一服盛っていますよねwww

でもヒトの性格は、それがたとえ病気によるものであったとしても、簡単には変えられないのです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

 

その性格変化は病気のせいだと諦める!

例えば足の骨が折れて、ギプスをしている人がいたら、その人がしっかり歩けなくても、怒るヒトはいませんよね。

それどころか「大丈夫ですか」なんて、心配してくれて、肩を貸してくれたりします。

でも心の機能が壊れているのは、体の表面からは、分かりませんよね。

ですからこれまで、あなたを愛して大切にしてくれた家族が、病気によって性格が変わってしまい、あなたに対して、怒ってくることで、あなたの心が傷ついてしまうのです。

相手の心が病気にかかっていることが、表面からは分からないために、相手の言葉や態度を、正面で受け止めてしまいます。

でももし相手が酔っ払いで、訳の分からないことを言ったとしても、腹はたちますが、心までは傷つかないですよね。

それと同じことなのです。

 

心が病気で壊れてしまっていることが、理解できていれば、相手の言葉や態度を、正面から受け止めて、傷つくことはありません。

多少は悲しくなったり、腹が立ったりは、するとは思いますが。

これも神経難病のPSPという病気の、症状の一つなのです。

患者さん本人の心が、壊れてしまっているのです。

ですから家族の方の心まで壊れてしまっては、大変です。

共倒れにだけは、ならないようにしましょうね。

 

 

まとめ

今回はPSPの、症状の一つである、性格変化について解説を行いました。

基本的にはPSPの性格変化の原因としては、大脳基底核の運動制御と感情コントロール機能の障害が、深く関わっています。

PSPの性格変化については、医学的にコントロールする有効な方法は、あまりないと思われます。

家族の方が、PSPの性格変化について、よく理解することで、家族間の感情的なトラブルを回避することが、とても重要になります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

注意事項!

このサイトでご紹介している運動は、あなたの身体状態を評価した上で処方されたものではありません。 ご自身の主治医あるいはリハビリ担当者にご相談の上自己責任にて行ってくださるようお願い申し上げます。

 

 

 

関連記事

  1. 進行性核上性麻痺(PSP)の動作がすくんで出来なくなったときの対…
  2. 進行性核上性麻痺(PSP)の怪と呼ばれる現象について!
  3. 進行性核上性麻痺(PSP)で上手く喋れなくなる原因とリハビリ方法…
  4. 進行性核上性麻痺 PSP の呼吸ケア(呼吸管理)について!
  5. 進行性核上性麻痺(PSP)のリハビリテーションの基礎
  6. 進行性核上性麻痺(PSP)のまぶたが開かなくなる現象について!
  7. 進行性核上性麻痺(PSP)になると何故そんなささいな事で怒るのか…
  8. 進行性核上性麻痺(PSP)の動作がすくんだ様に動けなくなる現象に…

おすすめ記事

PAGE TOP