脳卒中リハビリ

脳卒中ニューロリハビリのための脳の話 大脳半球編

 

はじめに

最近は、もっぱらニューロリハビリテーションに関連した、脳神経系の記事が多くなっていますが、やはりいくら簡単に分かり易く書いていても、読んでいただいている皆さんには、難しいかなと思います。

そこで皆さんに、このサイトのニューロリハビリテーション記事を、より理解し易くなっていただくために、少しづつ脳の基礎のお話をしていきたいと思います。

なるべく分かり易く脳の働きについて解説しながら、ニューロリハビリテーションに関連するお話もしていこうと思います。

記念すべき第一回目は「大脳半球」のお話です。

どうぞよろしくお願いします。

 

大脳は左右の半球に分かれています

脳は大脳や小脳に分かれています。

この脳の中で最大の部分である大脳は、大脳皮質から大脳基底核、間脳、中脳までを言います。

そしてこの大脳には、正面または上から見て、「大脳縦裂」と呼ばれる、深い溝が走っています。

この「大脳縦裂」によって大脳は、『右半球』と『左半球』に分けられます。

この大脳の右半球を「右脳」、左半球を「左脳」と呼ぶ場合もあります。

さらにそれぞれの大脳半球には、「ローランド溝」「シルビウス溝」「頭頂後頭溝」と呼ばれる溝があります。

この3つの溝によって、脳はそれぞれ「前頭葉」と「頭頂葉」「側頭葉」および「後頭葉」に分けられます。

「前頭葉」と「頭頂葉」「側頭葉」および「後頭葉」には、それぞれに別々の役割があります。

また「前頭葉」と「頭頂葉」「側頭葉」および「後頭葉」は、お互いに連携して、複雑な神経の制御を行う場合もあります。

ミラーニューロンなどのシステムは、その典型的な例ですね。

 

左右の大脳半球は「脳梁」で神経の連絡があります

左右の大脳半球を分けている「大脳縦裂」の奥に分け入っていくと、そこに『脳梁』があります。

左右の大脳半球は『脳梁』によって、神経の連絡があります。

つまり右の脳と、左の脳は、脳梁によって連絡され、相互に情報や信号をやりとりしているのです。

もしこの『脳梁』が切断されて、左右の大脳の連絡が断たれた場合、どのようなことが起きるのでしょうか?

 

⑴ 左側の視野で見た物の名前を言えなくなります

これは左側の視野で見た物の視覚情報は、右脳に送られますが、右脳は観念の脳で、その物が何かを理解することは出来るのです。

しかし言語の脳である、左脳には、視覚からの「その物」の情報が届かないため、その物の名前を言うことが出来なくなるのです。

 

⑵ 作り話しをして言行不一致になる場合があります

これは言葉の脳である左脳と、観念の脳である右脳の連絡が途絶えているために、本当に望んでいることは右脳で考えていますが、言葉は左脳で作られるため、自分の話す言葉と、実際に望む行動にズレが出るためと考えられています。

 

 

左右の大脳半球の相互抑制作用

興奮性神経と抑制性神経

脳の神経細胞には、動作を起こさせる「興奮性細胞」と、その動作が過剰にならないように調節する「抑制性細胞」があります。

よく違法なドラッグなんかを服用して、ウヒャーってなってる変な人がいるじゃないですか(昔ののりピーとか www)。

あれなんかは、クスリによって抑制性細胞の働きが弱っちゃってるんですね。

もう興奮しっぱなしです www

さて実を言うと右と左の大脳半球にも、お互いの活動を相互に抑制し合う仕組みがあるのです。

この左右の大脳半球の相互抑制の仕組みは、簡単に言えばこんな感じです。

 

大脳半球の神経相互抑制

まずあなたが右手で手紙を書いているとします。

この時に、あなたの右手の動作を制御しているのは「左の大脳半球」にある大脳皮質の運動野です。

大脳皮質の運動野は、右の大脳半球の運動野が左の手足をコントロールし、左の大脳半球の運動野が右の手足をコントロールしているのです。

つまり脳の運動制御と手足の運動は、左右が逆になっています。

ですから右手を使っている時には、左の大脳半球の運動野が、積極的に活動しています。

つまり左大脳半球の活動が高まって、右の大脳半球に対して優位になっています。

そうすると左大脳半球から、右の大脳半球に対して、抑制性のコントロールが行われます。

それによって左手の運動が制限されることになります。

そうすることで、右手で字を書いている間は、左手が勝手に動いて邪魔をしないようになっています。

せいぜいが紙を抑える文鎮の役割くらいですね。

逆に左手を積極的に使っている時には、右側の大脳半球の神経活動が優位になるために、右の大脳半球から左の大脳半球に対して、抑制性のコントロールが行われ、右手の活動が制限されるようになります。

 

脳卒中片麻痺に対する左右大脳半球の相互抑制神経活動!

では脳卒中で片麻痺になった場合は、この左右の大脳半球はどのように活動するのでしょうか?

例えば、あなたが右片麻痺になったとします。

右の手が麻痺していますから、日常生活のほとんどを、左手で行うようになります。

すると左手ばかり使っていますから、右の大脳半球の活動が優位となります。

そうすると右の大脳半球から、左の大脳半球に対して、抑制性のコントロールが行われます。

そして左の大脳半球は、脳卒中によって神経が破壊されている状態です。

しかし、あなたは右手が麻痺していますから、毎日、左手ばかりを使うことになりますから、常に右の大脳半球から、左の大脳半球に対して、抑制性のコントロールが続くことになります。

そうして左の大脳半球の神経の回復が妨げられることになります。

つまり日常生活動作の練習で、健側側の手ばかりを使うと、患側の大脳半球の神経活動が妨げられて、神経の回復が邪魔されてしまうのです。

 

大脳半球の相互抑制の性質を利用したニューロリハビリテーション

脳卒中ニューロリハビリテーションには、様々な手法がありますが、当然、この大脳半球の相互抑制の性質を利用したニューロリハビリの手法も存在します。

CI 療法

CI 療法とは、健側の手を動かせないように抑制して、麻痺側の手で日常生活や、その練習をすることで、麻痺側の大脳半球の神経活動を優位にするニューロリハビリの手法です。

ただし、この手法を用いるためには、麻痺側の手が、すでにある程度は動かせていることが条件となるために、適応範囲が限定されることが欠点となります。

また脳卒中の早期に対するCI 療法の効果は低く、どちらかと言えば慢性期へのアプローチと考えられています。

 

経頭蓋磁気刺激治療( TMS )

これはニューロリハビリの手法ではありませんが、磁気刺激を脳に与えることで、脳の神経活動をコントロールする方法です。

一般的に脳卒中患者さんが、麻痺側の手を動かそうとした場合、麻痺側の大脳半球の神経が活発に活動していますが、同時に健側の大脳半球の活動も高まってしまいます。

実は麻痺側の手を動かそうとしている時に、健側の手も少し動いているのです。

これが結局は、健側の大脳半球から、麻痺側の大脳半球への抑制刺激となって、麻痺側の神経活動を制限してしまうのです。

経頭蓋磁気刺激治療( TMS )は、健側の大脳半球に磁気刺激を行うことで、健側の大脳半球の活動を抑制して、麻痺側の神経活動を高める手法です。

この経頭蓋磁気刺激治療( TMS )は、ニューロリハビリテーションと併用することで、より高い効果が得られると考えられています。

 

 

まとめ

ヒトの大脳は、大きくは右半球と左半球の2つに分けられています。

左右の大脳半球は、お互いに抑制性のコントロールを行なって、神経活動を調節しています。

しかし脳卒中になると、麻痺側の手が動かせないため、健側の手ばかりを使用するようになります。

その結果、健側の大脳半球の神経活動が優位となり、麻痺側の大脳半球の神経活動を抑制します。

それが麻痺側の神経機能の回復を妨げ、麻痺の回復を邪魔するのです。

その左右の大脳半球の相互抑制の性質を利用したニューロリハビリの手法に、「CI 療法」や「経頭蓋磁気刺激治療( TMS )」などが挙げられます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 脳卒中ニューロリハビリ簡単解説 ⑵ 脳卒中片麻痺の運動学習!
  2. 脳卒中麻痺側の肩関節の安定性と運動機能を高めるリハビリ
  3. 脳卒中の麻痺側の手指の運動機能を高めるためのリハビリ方法
  4. 脳卒中ニューロリハビリ簡単解説 ⑴ 運動神経単位とは?
  5. 振動セラピーで脳卒中片麻痺の弛緩性麻痺を改善する方法
  6. 日常生活動作練習で脳卒中の麻痺回復が阻害(泣)でも日常生活はしな…
  7. 脳卒中片麻痺の転倒予防をどうすればいいか?
  8. 脳卒中の発症後に長期間が過ぎても麻痺が回復する可能性があることに…

おすすめ記事

PAGE TOP