リハビリ裏話

あなたは我が子を信じなさい! 小児のニューロリハビリで感じること!

 

脳性麻痺のお子さんのニューロリハビリをする様になってから、お子さんのリハビリをしていて、これまでとは違った手応えを感じることがあります。

神経へのアプローチを繰り返していって、シナプスの繋がりが強くなったのか、新たな神経単位が増えたのか?

どちらかとはハッキリは分かりませんが、あきらかに運動神経の制御レベルが上がる瞬間が分かるのです。

こういう所は、子供は大人に比べると、反応が良いですね。

その瞬間は、それまでは反射的に、ギュウギュウに私の手を握ってしまっていたのが、「痛いから力を抜いてよ」と言った瞬間に、顔をしかめながら、一生懸命に手の力を抜こうとすることだったりします。

私の手を痛がらせない様に、一生懸命に手の力を抜こうとする行為に、彼らの私への思いやりなんかも感じられて、心が通じ合った瞬間は、とても嬉しい気分になります。

 

確かに脳性麻痺のお子さんは、とても深刻な障害を持っている場合があります。

しかしだからと言って、これから行うリハビリの試みが、全くの無駄であるという確実な証拠もないのです。

実際に私の臨床経験では、ニューロリハビリのアプローチによって、あきらかに予測よりも格段に運動機能が発達したケースがあります。

これから先の成長の可能性が、全くない子供なんて、どこにも居ないのです。

みんな人生の可能性を持っています。

そして一度きりの人生を、命の火を燃やしているのです。

 

確かに中には、医学的・神経学的にシビアな障害を持っているお子さんもおられます。

しかしだからと言って、1%の可能性もない訳ではありません。

少しでも良くなる可能性があれば、それに全力で挑戦するのが、人生で一番大切なことです。

この場合は、科学的な確率論は何の意味もありません。

そんなことは、主治医の先生に、すべての責任を押し付けてしまいます。

私がすべきことは、その子の可能性を全力で信じてサポートすることです。

だって誰からも期待されない人生なんて、あまりにも寂しいじゃないですか。

「たとえ君自身が自分を信じられなくても、僕は君を信じているよ」

こんなメッセージが、子供達にとっては、一番大切なメッセージになります。

 

そしてご両親にも、同じ様にあなたのお子さんを信じてあげて欲しいのです。

確かに主治医の先生からは、厳しいことを言われているでしょう。

その事は、しっかりと受け止めて、その後の家族の人生を考えていかなければならないのも事実です。

でもそれとお子さんの人生の挑戦を応援するのとは、意味が違います。

たとえば、我が子が「オレ東大に入るから勉強頑張る」と言ったとします。

学校の先生は、当然のごとく「いまの成績や頑張りでは到底無理ですね」と言うでしょうwww。

そこで親のあなたがどう言うか?

「先生もそう言ってるし、オレの子供のお前の頭じゃあ程度が知れてる、あきらめろ」と言いますか?

そんな親がいたら、それはクソですよ。

もしあなたがそんな親なら、有村架純が主演した映画『ビリギャル』を、目をひん剥いて鑑賞される事をお勧めします。

ちなみに私は観ていませんがwww。

 

ここで東大に行けるかどうかは、重要ではありません。

人生の目標を持って、必死に挑戦すると言うことが、尊いのです。

私の経験上、ほとんどのお子さんは、重い障害を抱えながらも、私たちがサポートすることで、より前に進もうと挑戦する力を内に秘めています。

そしてそれを私たちに見せてくれます。

どうかお母さん、お父さん、あなたたちにも、お子さんを信じて応援してあげて欲しいのです。

そしてこう言ってあげてください「大丈夫、君なら絶対にできるから」

たとえどんなに障害が重くても、そんな言葉が、お子さんへの勇気になるのだと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 在宅で使う医療機器の適正価格を考える!
  2. 若者と高齢者の情報格差の問題を考える!
  3. 21世紀の高齢者と若者の世代間の断絶について
  4. 海外から介護職員を受け入れるとどんなことが起きるか?
  5. アリとキリギリスのリハビリ物語 WWW
  6. その時院長は「松澤君この患者さんを絶対に死なせてはいかん」と叫ん…
  7. 老老介護について思うこと
  8. 神経解剖学者によって脳卒中リハビリにかけられた呪い

おすすめ記事

PAGE TOP