家族が脳卒中で倒れたら

脳卒中片麻痺のうつ症状に対するリハビリテーション

 

はじめに

脳梗塞や脳内出血になると、片麻痺になって、左右どちらかの手足が麻痺してしまいます。

片側の手足が動かないことで、日常のあらゆる生活がしづらくなります。

それどころか歩くことさえ、できなくなる場合もありますね。

なので脳卒中で倒れた後には、リハビリテーションをキチンと行って、生活を自立させて行くことが、とても大切なのです。

ですがリハビリテーションと言うものは、決して楽しいものではありません。

確かに少しずつでも、リハビリの効果が実感できると、その後はヤル気が出たりすることもありますが、基本的にはつらい作業ですよね。

でもリハビリをキチンとやらないと、麻痺がいつまでたっても良くなりませんから、皆さんイヤイヤでも頑張るしかありません。

でもどうしてもリハビリをやりたくないと、部屋にこもってしかめっ面をしている方も、ちょくちょくおられます。

このような方も、本当は頑張らなくてはいけない事は、百も承知なのですが、どうしてもヤル気が出ないのです。

こういったタイプの方は、じつは脳卒中後の『ウツ』になってしまっています。

脳卒中後にウツになる方は、結構おられます。

なぜならば脳卒中によって、脳の神経細胞に対する血液の流れが少なくなる事で、脳の神経細胞の活動性が低下してしまうので、ウツになりやすいのです。

まあたいていの場合は、時間が経つに連れて、ほとんどのケースでウツは良くなってきます。

しかし中には、いつまで経ってもウツが良くならなくて、ずっと家に引き篭もってグズグズしてしまうケースがあります。

それは一体どうしてでしょう?

今回は脳卒中後のウツが長引いてしまうケースの原因と、そのリハビリテーション方法について解説します。

どうぞよろしくお願いします。

 

うつが長引く原因

脳卒中になると、脳の神経細胞に血液が不足して、神経細胞の活動が低下します。

ですから脳卒中になると、多かれ少なかれ、ウツっぽい感じになる事は良くあります。

でもほとんどの場合、時間が経つにつれて、ウツ傾向は良くなってきます。

脳の神経細胞の活動が、活発に回復してきているからですね。

しかし一部のケースで、いつまで経ってもウツ傾向がよくならない場合があります。

それには、以下のような生活スタイルが大きく関わっています。

 

飲酒もしくは睡眠導入剤

ウツ傾向になると、日中の活動性が低下して、あまり動かなくなるために、かえって夜眠れなくなる場合があります。

そうなると場合によっては、睡眠導入剤などに頼る場合もあると思います。

クスリで眠ることが悪いと言うわけではありませんが、どうしても、睡眠導入剤などは、脳の神経細胞の活動を抑えてしまいますから、ウツになりやすい場合もあります。

これは飲酒をやめられない場合も同様です。

ウツ傾向がいつまでも良くならなくて、お酒を飲んでしまっている場合、ぜひ一度、お酒をやめてみていただけるとありがたいです。

また睡眠導入剤などを服用されている方で、気になる方は、勝手にやめずに、主治医の先生と相談してみてくださいね。

よろしくお願いします。

 

午前中に太陽光線を浴びない生活

脳卒中になって、片麻痺になると、歩き方も可笑しくなりますし、そんな姿を隣近所に見せるのはイヤだと言う方は、結構おられます。

時間が経って、それに慣れてしまい、開き直れると、けっこう平気になってくるものですが、最初のうちはかなりの抵抗があるようですね。

じつは外に出るのをイヤがって、家の中にこもっていると、ウツ傾向がなかなか良くなりません。

それはどうしてかと言うと、太陽光線に当たらないからですね。

特に朝の日の出から、午前中10時くらいまでの間に、太陽光線を浴びることが、大切なのです。

なぜなら午前中に太陽光線を浴びることで、体内で「セロトニン」が合成されるからです。

「セロトニン」は、脳の神経伝達物質の一種で、「気持ちを和らげ」たり、「ネガティブな思考を抑制」したり、「不安や恐怖を取り除く」などの作用があります。

「セロトニン」は、腸から「トリプトファン」と言う物質が吸収され、腸や脳で「セロトニン」に合成されます。

この「トリプトファン」の代謝には、腸内フローラの働きも重要で、腸内フローラがウツ傾向に影響していると言う説もありますが、それは別の機会に解説したいと思います。

話を元に戻しましょう。

つまりウツ傾向になって、家から出るのを億劫がって知ると、太陽光線に当たらなくなるため、体内で「セロトニン」が合成されなくなります。

この「セロトニン」は、ウツを治すために必須の物質で、体内の「セロトニン」が不足していると、まずウツは治りません。

それなのにウツになると、部屋の中にこもってしまい、全く太陽光線を浴びず、ますます「セロトニン」が作られない悪循環の陥ってしまいます。

たしかにウツになると、午前中の明るい太陽の下に出るのは、すごく精神的に辛いと思います。

できれば夕方の、太陽光線が和らいだ頃に、外に出たいと思うことでしょう。

でもそれでは効果がないのです。

なんとか頑張って(ここだけは頑張って)朝の散歩をできるようになりましょう。

 

運動不足

じつは有酸素運動は、ウツに対してとても効果があります。

その効果は、抗うつ剤と同等以上の効果があると言われています。

ですがウツになると、体を動かすのは、本当にしんどくなります。

ですからウツの方は、本当に体を動かさないようになります。

そして体を動かさないことで、さらにウツがひどくなると言う、これまた悪循環に陥ってしまいます。

ほんの数分でかまいません。

午前中のお日様の下を、少しだけでも良いので、散歩するようにしましょう。

まずは30秒でも、1分でもかまいませんので、最初の一歩を踏み出してみてください。

 

まとめ

ウツになって、薄暗い部屋の隅で、ほとんど動かずに日中を過ごし、夜に眠れないために、睡眠導入剤で眠ろうとする。

こんな生活は最低です。

まずは朝起きたら、お日様の光を浴びるようにしましょう。

そしてほんの少しでもいいので、身体を動かすように、心がけて行きましょう。

まずははじめの一歩から。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

注意事項!

このサイトでご紹介している運動は、あなたの身体状態を評価した上で処方されたものではありません。 ご自身の主治医あるいはリハビリ担当者にご相談の上、自己責任にて行ってくださるようお願い申し上げます。

 

 

関連記事

  1. 脳卒中で倒れたその時の対処方法と入院治療について!
  2. 家族が脳卒中で倒れたら 急性期病院への入院中の注意点!
  3. 家族が脳卒中で倒れたら! リハビリテーション病院の上手な選び方!…
  4. 家族が脳卒中で倒れたらどうするか?  1
  5. 長く寝たきりでいると急に手足の関節が痛み出して動かなくなる現象に…

おすすめ記事

PAGE TOP