脳卒中リハビリ

脳卒中ニューロリハビリ簡単解説⑸ 運動制御による麻痺の回復

 

前回記事

脳卒中ニューロリハビリ簡単解説⑷ 筋肉のコンディショニング

 

はじめに

脳卒中ニューロリハビリテーションの基本コンセプトは、いかに効果的に『運動学習』による神経細胞の再生とシナプスの強化を行うか、ということにあります。

それには運動神経が手足の筋肉に対して、運動司令を繰り返し出すことで、その運動司令に関与する神経細胞を増やしていきます。

さらにその運動司令に関与する運動神経どうしの、つながりであるシナプスを強化します。

これらの運動神経によって、手足の筋肉に対する運動司令を出して、手足を動かすことを「運動制御」と呼びます。

今回は、この「運動制御」による、麻痺の回復について解説して行きます。

どうぞよろしくお願いします。

 

「運動制御」を繰り返すことでどうやって麻痺が治るのか?

脳卒中ニューロリハビリテーションは、脳卒中の麻痺を治すために、『運動学習』による神経細胞の再生とシナプスの強化を行います。

そしてその『運動学習』の基本となるのが、脳の運動神経による手足の筋肉に対する「運動制御」を繰り返し、その運動制御の精度を高めて行くことになります。

では「運動制御」を繰り返すことで、どうして脳卒中の麻痺が治る可能性があるのでしょう?

「運動制御」とは、脳の運動野にある神経細胞が興奮することで、その電気的な信号が、「皮質運動野」と呼ばれる、神経の通路を通って、背骨の中を下っていき、最後には末梢神経から手足の筋肉に、その信号が届けられ、手足の筋肉を動かします。

この時に手足の筋肉が、脳の運動神経が想定した通りに動けば、その「運動制御」はうまく行ったことになります。

しかし手足の動きが、脳が想定した通りに動かない場合は、その「運動制御」は失敗ですね。

この「運動制御」が失敗した状態を、一般的な言葉で表現すると『下手くそ』ということになります。

そしてこの「運動制御」が、とてつもなく『下手くそ』な状態が、脳卒中片麻痺であると言えます。

ですからこの、とてつもなく『下手くそ』の状態からの脱出を目指すことが、脳卒中ニューロリハビリテーションであると言えますね。

 

どうして「運動制御」が『下手くそ』になるのか?

ではどうして「運動制御」が下手くそな状態が起こるのでしょう?

実は手足の筋肉を動かすための「運動司令」は、たったひとつの運動神経で行われるわけではありません。

たとえば肘を曲げるという運動司令は、いくつかの運動神経が協力して出しているのです。

このひとつの動作の運動司令を、協力して出す運動神経のグループを「運動神経単位」と呼びます。

そしてこの「運動神経単位」の神経の数が、多ければ多いほど、その「運動制御」はうまく行くことになります。

またこの「運動神経単位」の神経細胞どうしの結びつきである、「シナプス結合」は、その運動制御を繰り返せば繰り返すほど、強化されて、これもまた「運動制御」の精度を高めてくれます。

ですから繰り返しの運動練習によって、「運動制御」を繰り返し練習することで、その運動司令を行うための、「運動神経単位」に関わる神経細胞の数が増えて行きます。

またその細胞を結びつけている、シナプス結合も強化されて行くのです。

その結果として「運動制御」の精度が高まり、その動作が『上手』な状態になっていくのです。

 

脳卒中片麻痺の場合はどうでしょう?

では脳卒中片麻痺の場合は、この「運動制御」を繰り返すことで、「運動神経単位」の神経数は増えて行くのでしょうか?

そもそも脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりして、神経細胞に血液が流れなくなることで、その神経細胞が死んでしまう病気です。

ですから脳卒中の麻痺は、「運動神経単位」の神経が死んでしまい、その結果として「運動神経単位」の神経数が極端に減ることで、運動制御ができなくなって起こります。

ですからその麻痺を治すために、「運動制御」の練習を繰り返すことで、麻痺を治そうとします。

 

ここでの問題は、脳卒中で失った大量の神経細胞を、ニューロリハビリのアプローチで取り戻せるのかどうかと言う事です。

健康な状態での、「運動制御」の繰り返し練習は、ある程度は「運動神経単位」が揃った状態から、さらに「運動制御」の練習を行う事で、そのわずかな不足を補うための練習です。

それにくらべて脳卒中の麻痺に対する、「運動制御」の繰り返し練習は、そのほとんどが死んでしまって、失われている状態から「運動神経単位」の神経数をもとに戻そうとする試みです。

あてにできる予備の神経細胞の供給元としては、健康な時には抑制性神経で押さえ込まれて活動していなかった、予備の運動神経細胞や、新たに新生されて補充されてきた神経細胞などがあります。

どのみちこれらの予備の神経細胞を、新しく「運動神経単位」に組み込むためには、「運動制御」の繰り返し練習をする事で、この予備の神経細胞に役割を振り分けて行く、根気強い作業が必要になります。

そしてその根気強い作業の結果がどうなるかは、まだはっきりした結論が出ていません。

私の臨床経験からは、ある程度の麻痺の回復は、ほとんどのケースで体験できています。

しかし十分に満足いくレベルまでの、麻痺の回復を経験するケースは、あまり多くはありません。

おそらくは今後の、さらなるリハビリテーション方法の研究や、神経補充療法などの発達を待つ必要があるのだと思われます。

しかし今度の脳卒中リハビリテーションの未来は、確かにニューロリハビリテーションの先に見えているのです。

 

 

次回記事

脳卒中ニューロリハビリ簡単解説⑹ 運動制御による運動学習のスタイル

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

注意事項!

このサイトでご紹介している運動は、あなたの身体状態を評価した上で処方されたものではありません。 ご自身の主治医あるいはリハビリ担当者にご相談の上、自己責任にて行ってくださるようお願い申し上げます。

 

 

関連記事

  1. 脳卒中片麻痺の手の機能を回復するミラーセラピーについて!
  2. 脳卒中後の神経細胞の興奮による筋緊張の高まりと麻痺からの回復
  3. 脳梗塞の麻痺が治る可能性について!
  4. 脳卒中ニューロリハビリ簡単解説 ⑵ 脳卒中片麻痺の運動学習!
  5. 脳卒中片麻痺の歩行 ②麻痺側の足を外側にぶん回すように振り出す歩…
  6. 脳卒中片麻痺のニューロリハビリにおける運動学習理論とは!
  7. 脳卒中片麻痺の手指の運動ファシリテーション
  8. 脳卒中ニューロリハビリのための脳の話 ② 大脳皮質編 ⑴ 運動関…

おすすめ記事

PAGE TOP