人生100年時代を生きる

究極の健康ダイエット食で大腸のマイクロバイオータを育てる!

はじめに

最近の医学分野でのホットな話題のひとつに「腸内フローラ」があげられます。

この「腸内フローラ」は、専門家の間では「マイクロバイオータ」とも呼ばれています。

「マイクロバイオータ」とは、一体なんなのかと言えば、私たちの大腸の中に住み着いている「常在菌」のことであり、これらの菌群は、私たちと共生関係にあります。

じつは私たちは、この「マイクロバイオータ」の協力無しには、健康を維持するために必須の栄養素を作り出す事ができません。

また免疫機能を正常に維持することや、脳の神経活動にまで「マイクロバイオータ」が影響している事が分かってきたのです。

私たちの大腸に住んでいる「マイクロバイオータ」は、およそ100兆個~1000兆個ともいわれ、腎臓や肝臓などのひとつの臓器の働き以上の影響を、私たちの身体に与えています。

そして「マイクロバイオータ」の乱れは、様々な病気の原因になる事が分かってきています。

「炎症性大腸炎」などの消化器の病気はもとより、「うつ病」や「自閉症スペクトラム」などの精神的な問題が起こるリスクが高まります。

これは大腸の「マイクロバイオータ」が、脳の神経伝達物質などの材料を作り出しており、子供の脳の発達にも、大きく影響しているためです。

また「マイクロバイオータ」の乱れにより「慢性関節リウマチ」などの自己免疫疾患や「多発性硬化症」などの神経難病になるリスクも高まります。

これは「マイクロバイオータ」が発酵・分解して作り出す栄養素が、私たちの免疫機能の維持と調節に重要な働きをしているからです。

同じように。「マイクロバイオータ」が乱れると、「肥満」や「メタボ」になりやすくなりますし、「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクも高まります。

「癌」にもなりやすくなります。

この様に「マイクロバイオータ」は、私たちの健康にとても重要な働きを持っています。

この「マイクロバイオータ」の健康を保つ事が、私たちの健康を維持するためには、必須のことである事が分かってきたのです。

それには毎日の「食生活」がとても重要になります。

そして「マイクロバイオータ」の健康を維持するための食生活は、いくら食べても太らない、究極のダイエット食であることも分かってきました。

今回はこの「マイクロバイオータ」を、あなたの大腸でスクスクと育てるための食事方法について解説していきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

世界は細菌であふれています

まずあなたの自分の手のひらを見て下さい。

その手のひらの上には、目には見えませんが、何億という細菌が住み着いています。

あなたの体を覆う、すべての皮膚の上や、口の中、鼻の穴の中、女性の膣の中など、すべて細菌に覆われています。

また家の壁や床、テーブルの上もなども、すべて細菌に覆われています。

 

世界中の全ては、細菌で覆われています

なぜならば細菌こそが、この世界の主人だからです。

ほとんどの細菌は、4時間おきくらいに分裂増殖を繰り返し、恐ろしい早さで、周囲の環境に適応して行きます。

例えば原発事故が起きたチェルノブイリでは、放射能をエネルギー源にする細菌までもが見つかっているくらいです。

地球の誕生から現在までを、1日の時間で表してみると、深夜0時に地球が誕生したとして、夜明け前には細菌が登場してきます。

それに対して人間が生まれるのは、1日の終わりの、わずか数秒前くらいです。

私たち人類は、随分と新参者なのです。

もしこの世の中から細菌が居なくなれば、私たち人類は生きていくことはできません。

しかし私たち人類が絶滅しても、細菌には少しの痛痒も感じないと思われます。

この世界の主人は「細菌」なのです。

 

病原菌だけが細菌ではありません

私たちは様々な細菌が、「病原菌」として、私たちの健康を脅かすことを知っています。

しかし「病原菌」として、ヒトと敵対する道を選んだ菌は、それほど多くはありません。

たとえば「クロストリジウム・ディフィシル」という細菌は、激しい消化器の炎症を引き起こす、悪い「病原菌」です。

しかしその他のクロストリジウム属の菌は、私たちの大腸の中の重要な「常在菌」として存在しています。

この「クロストリジウム属」の細菌は、私たちの食べた食物繊維を分解して、「短鎖脂肪酸」を作り出します。

この「短鎖脂肪酸」は、私たちの免疫機能をコントロールしている Tレグ細胞を増やして、活性化する働きがあります。

もし私たちの大腸に「クロストリジウム」が居なければ、「短鎖脂肪酸」を作れなくなり、私たちの免疫機能は暴走してしまいます。

免疫が暴走するとどうなるか?

「慢性関節リウマチ」などの自己免疫疾患や、喘息などのアレルギー疾患が思い浮かびますね。

そうです私たちの腸内に「マイクロバイオータ」が居ないと大変なことになってしまうのです。

これまで私たちは「病原菌」のことばかりに注目しすぎてきました。

そして私たちが生き残るために必須の「常在菌」の存在を、あまりにも軽視していたのです。

つまり一部の敵を攻撃するために、たくさんの大切な味方まで、巻き添えに攻撃して、根絶やしにしかかっていたのです。

 

マイクロバイオータの働きにはどんなものがあるのか?

現在の「マイクロバイオータ」の研究は、始まったばかりに等しいと思います。

そして現状で、医療人の端くれである私が手に入る情報から、現在分かっている「マイクロバイオータ」の働きを少し整理しておきたいと思います。

 

マイクロバイオータの働き

⑴ 私たちの性格や行動に影響を与える

⑵ 腸の粘膜でのバリアーとなる

⑶ 必要な栄養素を作り出す

⑷ 免疫機能を調節する

⑸ 神経伝達物質やメッセージ物質を作り出す

 

⑴ 私たちの性格や行動に影響を与える

ネズミに寄生する細菌の中で、ネズミの精神状態に影響して、猫に対する恐怖心を消してしまう細菌がいます。

この細菌が住み着いたネズミは、猫に対する恐怖心を持たなくなってしまうので、簡単に猫に食べられてしまいます。

そうすることで、猫を介して、さらにこの細菌は他のネズミに乗り移って増えることができるのです。

そうやってこの細菌は、自分が増えていくための戦略を立てています。

 

これは特殊な例です。

しかしネズミの実験で、勇敢で冒険好きなネズミと、臆病なネズミにたいして、それぞれお互いの「マイクロバイオータ(腸内細菌)」を移植すると、勇敢なネズミは臆病になり、臆病なネズミは勇敢になることが分かっています。

 

この様に私たちの大腸に住む「マイクロバイオータ」は、なんらかのメッセージ物質を出して、私たちの行動に影響を与えています。

たとえば牛丼の大盛りを食べても、すぐにお腹が減って、また大盛りを食べたくなります。

そうしていると、私たちはドンドン太り出して、ブクブクのメタボ体型に変わっていきます。

それでもまだ食べることを止められず、ドンドン太り続けるまで、牛丼を食べ続けます。

どうして必要ないのに、もう栄養は十分なのに、それでも私たちは牛丼を食べ続けるのでしょう?

それは牛丼の中には、マイクロバイオータのエサになる栄養素が、ほとんど含まれていないからです。

あなた自身は栄養満点で、ブクブクに太っていても、あなたの大腸の中のマイクロバイオータが、飢えていたら、どうなるでしょう?

飢えているあなたの大腸のマイクロバイオータが、あなたの脳に直接メッセージ物質を送って、もっと食事を摂るように仕向けていたとしたら。

あなたが必要ないのに、ドンドン食べてしまう原因が分かりますね。

この場合は、あなたは自分のための食事ではなく、マイクロバイオータのための食事を摂らなければいけないのです。

 

⑵ 腸の粘膜でのバリアーとなる

私たちの口からは、常に食べ物が消化器に送り込まれています。

その中には「病原菌」も含まれています。

しかし「病原菌」が腸の粘膜に辿り着いて、そこから私たちの体内に潜り込もうとした時、その粘膜には沢山の「常在菌」がすでに住んでいます。

「病原菌」は、まずはこの「常在菌」との生存競争に打ち勝たなければなりません。

「常在菌」も「病原菌」も、同じ細菌です。

私たちからすれば、「病原菌」は恐ろしい存在ですが、同じ菌同士であれば、特別に「病原菌」が「常在菌」より強いわけではありません。

「病原菌」は、常在菌の隙をついて攻撃し、私たちの腸の粘膜に橋頭堡を築くことから始めなければ、私たちに感染することが出来ないのです。

ですから私たちの腸内細菌(常在菌)が、元気で沢山いることで、「病原菌」が、体に侵入することを防ぐ効果が高まるのです。

 

⑶ 必要な栄養素を作り出す

先ほども少しお話ししましたが、私たちの腸内にすむ「マイクロバイオータ」は、私たちが消化できない繊維質(多糖類)などを発酵・分解して、自分たちのエネルギーを作り出しています。

この発酵・分解の過程で、様々な副産物が生まれます。

たとえばデンプンを分解してアルコールを作ったり、牛乳を分解して乳酸を作りヨーグルトにする様に、私たちの腸内でも、様々な副産物が「マイクロバイオータ」によって作られています。

この副産物の中には、私たちにとっても不必要な物質があります。

これらの物質は、そのまま便に排泄されるか、血液に吸収され、肝臓で分解されたのち、腎臓でろ過され尿で排泄されます。

しかし副産物の中には、私たちが自力では作ることが出来ない、貴重な栄養素も多く含まれています。

 

⑷ 免疫機能を調節する

この「マイクロバイオータ」が発酵・分解して作り出す副産物の中には、私たちの免疫を調節する働きを持つものがあります。

たとえば先ほどご紹介した「クロストリジウム属」の細菌が、繊維質を分解して作り出す「短鎖脂肪酸」は、免疫を調節する Tレグ細胞を増やし、それを活性化させます。

この Tレグ細胞は、抑制性免疫細胞で、実際に「病原菌」をやつける働きをする攻撃型免疫細胞が暴走しない様に抑える働きをしています。

免疫が暴走すると「慢性関節リウマチ」などの自己免疫疾患になりますし、「多発性硬化症」などの神経難病も、攻撃型免疫細胞が暴走して、脳の神経細胞を破壊することが原因であることが分かっています。

 

⑸ 神経伝達物質やメッセージ物質を作り出す

あなたは「セロトニン」という神経伝達物質の名前を聞いたことがありますか?

この「セロトニン」は、幸福物質とも呼ばれて、一時期注目されていましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

この「セロトニン」は、私たちの不安感を取り除き、気分を高揚させてくれます。

そしてこの「セロトニン」が不足することで、「うつ病」などの精神疾患にかかります。

この「セロトニン」を作るための材料も、「マイクロバイオータ」が作り出す副産物から得ています。

つまり私たちの大腸に住んでいる「マイクロバイオータ」が健康でないと、私たちは「うつ病」になってしまうのです。

さらには「セロトニン」の他にも、様々な神経伝達物質の材料や、メッセージ物質も「マイクロバイオータ」は作ってくれています。

 

たとえば最近の先進国では、帝王切開が増え、生まれた後に抗生物質を投与される子供が増えています。

さらには食事に含まれる繊維質も減っています。

これらのことが原因で、赤ちゃんの大腸内の「マイクロバイオータ」が貧弱になってきています。

赤ちゃんの「マイクロバイオータ」が貧弱になることで、脳の発達が阻害され「自閉症スペクトラム」や「発達障害」が増えているのではないかと考えられています。

現に動物実験では「マイクロバイオータ」の移植により「自閉症スペクトラム」の治療に成功しています。

あと10年もすれば、「自閉症」や「発達障害」の予防が、出産後の赤ちゃんへの「マイクロバイオータ」の移植で行われる様になるかもしれませんね。

実際にそう予測している細菌の専門家の科学者がたくさんいます。

 

マイクロバイオータのための食事方法とは!

私たちの大腸内に住む「マイクロバイオータ」は沢山の種類の細菌の集まりです。

ですから「マイクロバイオータ」を構成する細菌の種類が豊富で、数が多いほうが望ましいのです。

これを「豊かなマイクロバイオータ」と呼んでいます。

しかし先進国の人々の「マイクロバイオータ」は、ドンドン貧弱になっていっています。

アフリカやパプア・ニューギニアなどで原始的な生活をしている人々に比べると、先進国の人々の食事には「繊維質」が圧倒的に足りないからです。

 

食物繊維こそがマイクロバイオータの食事です

じつは「繊維質」こそが「マイクロバイオータ」の主食なのです。

原始的な食生活の場合、主食は木の実や、草の茎、地下茎などになりますから、そのほとんどに食物繊維が含まれています。

ですから原始的な食生活の場合、1日の食物繊維の摂取量は、およそ100~150gと考えられます。

しかし先進国の食事では、1日の食物繊維の摂取量は、平均で10g程度まで減ってしまっています。

なので現代の先進国の食事では、十分にあなたの大腸の中の「マイクロバイオータ」を養うことが出来なくなっているのです。

その結果として、日本を含む先進国の人々の、大腸内の「マイクロバイオータ」はドンドン貧弱になっていっています。

「マイクロバイオータ」が貧弱になった結果、先進国では、生まれてくる子供の喘息が増え、アレルギーで苦しみ、自閉症や発達障害の子供も増えています。

大人になったらなったで、癌に怯え、慢性関節リウマチに苦しみ、臨床現場でいきあう神経難病の患者さんも増えています。

昭和の初めくらいまでは、日本人も、玄米のご飯を食べていました、白米を食べるのは、何かお祝いがあった時くらいでした。

オカズでは野菜や豆をたくさん食べて、動物性タンパクは、鶏肉か魚が中心でした。

しかし経済的に豊かになるに従い、毎日白米を食べる様になり、小麦粉も精製された真っ白な粉を使う様になります。

オカズにも加工食品が増え、手間のかかる野菜の煮物などは、あまり食べられなくなりました。

その結果として、現在の有様があるのです。

 

たらふく食べてもスタイルが良くなる究極のダイエット食!

最近ではよくカロリーハーフの食品が宣伝されています。

カロリーハーフのカップラーメンや、マヨネーズ、マーガリンなどがすぐに思い浮かびますね。

これらの製品は、カロリーが抑えられているために、健康的な食品である様に、コマーシャルが印象付けています。

本当にそうなのでしょうか?

確かに、カロリーハーフの食品を食べれば、その時に体に入ってくるカロリーは半分になります。

しかしカップラーメンは、そのほとんどが生成された小麦粉で作られた、単糖類を中心とした炭水化物です。

これは栄養学的には砂糖を舐めているのと変わりません。

またマヨネーズとマーガリンも、メタアナリシスという世界規模での統計データでは「健康を害するためなるべく食べないほうがいい食品」に分類されています。

 

問題はカロリーではありません

問題はカロリーではなく、こういった食品を食べている段階で、すでにあなたは負犬予備軍なのです。

問題は「どれだけのカロリーを食べるか?」ではなく「なにを食べるか?」なのです。

同じカロリーでも、白米と玄米では、その栄養素の中身が全く違います。

また同じカロリーでも、霜降りの牛肉とマグロの赤身では全く違いますよね。

カロリーは問題ありません。

 

ではなぜ本当に体にいい食品や食事方法の情報があなたに届かないのでしょう?

それは体に良いとされる食品には、加工食品がほとんど含まれないからです。

たとえば野菜や果物を摂ることは、健康に良いことです。

野菜や果物をたくさん食べると、それだけ健康になります。

(果物を食べすぎると糖尿病になるというのはデマです)

しかし野菜や果物を調理したり、スムージーを作ったりするのには、けっこう手間がかかります。

そこでヒトは、手軽に市販の野菜ジュースや、果物のジュースを飲むことで、健康になろうとします。

しかしこれは大きな間違いです。

ほとんどの野菜ジュースや果物のジュースは、工場で濃縮還元処理をされていますから、それはもうちゃんとした野菜ではありません。

単に野菜や果物の風味を残した、甘いジュースです。

なので市販の野菜ジュースを飲めば飲むほど、糖尿病などのリスクが高まるのです。

しかしそんな事は、一般にはなかなか誰も教えてくれません。

なぜなら「誰も得をしないからです」

なぜマスコミに情報が流れるのかといえば、それは情報を流している(マスコミにお金を払っている)企業が、その企業の商品を売るためです。

なのでマスコミで流れている健康情報は、バイアスがかかっており、フェイク情報が含まれています。

たとえばある健康医学を研究していた先生が、ほとんど無名の頃は「お酒は絶対に飲んではいけない」「甘い砂糖のお菓子は絶対に食べてはいけない」と言っていたのが、人気が出てテレビに出始めた途端、「たまにお酒を飲む事は健康に良いのです」と言いながら、テレビでお酒を呑んで見せました。

これはどうしてかと言うと、テレビのスポンサーには「お酒のメーカー」がたくさんいるために、「お酒は絶対にダメ」と言う医者を、プロデューサーはタレントとして起用できないのです。

つまりこの先生は、テレビに出るために、プロデューサーに頼まれて、嘘をついているのです。

まあ世の中そんなものですよね。

大人になれば分かることです。

 

加工食品はまずダメ

健康に本当に良い食事とは、けっこう手間がかかる場合が多い、と言うよりは「工場で加工して作れない」のです。

畑の野菜を使って、自宅のキッチンで手作りする健康食品なんて、企業には商売になりません。

ですから誰も宣伝してくれないのです。

あとカロリーハーフは、結局はダイエットにはなりません。

なぜならば私たちの大腸の中に住んでいる「マイクロバイオータ(腸内細菌)」は、私たちの食生活を操る可能性があるからです。

私の経験ですが、数日間、しこたま食物繊維の多い食事を続けた後、日曜日の朝に、「なんかご飯作るのめんどくさい」と思ってしまい、朝は芋ようかんを一切れだけ食べて、誤魔化しました。

しかし昼間になっても、一向にお腹が減らず、また芋ようかんを一切れだけで済ませてしまいました。

夕方になっても、まだお腹が減らないので、流石にこれはまずいと思い、キチンとした食事を摂りましたが、ビックリするくらいの経験でした。

推測ですが、私たちの空腹感は、腸からのメッセージ物質が、脳に届けられ、脳が空腹を感じる仕組みになっています。

もしそのメッセージ物質が、腸の「マイクロバイオータ」から出されているとしたら、私たちが空腹であると言うことよりも、「マイクロバイオータ」に十分なエサがあることの方が重要なのではないか?

もしかすると私たちが、いくらブクブクに太るまで食べても、それでも食べることを辞められないのは、食物繊維の足りない食事が原因ではないか?

いくら白米を食べても、肉を食べても、大腸にいる「マイクロバイオータ」に食物繊維が届かなければ、「マイクロバイオータ」は飢えてしまいます。

そこで彼らがメッセージ物質を出して、私たちの脳に、さらに食事をするように仕向けているとしたら。

先進国の食事方法では、いくら太っても、私たちは満腹にならないことになってしまいます。

やはり私たちは、共同生活者である「マイクロバイオータ」にも気を使って、食事をしなければ、自分自身の食欲ひとつ、まともにコントロール出来ないのかも知れませんね。

 

 

では何を食べれば良いのかと思った方はこちらの記事を参考にしてみてください

健康とアンチエイジングのための地中海式食事法とは!

 

次回記事はこちら

あなたはアンチエイジングのために睡眠を正しくとれていますか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 人間100年時代の生活設計と健康について考える!
  2. 背骨の周りの筋肉が自律神経を乱します!
  3. キャノーラ油を食べると早死にしますよ!
  4. 運動不足解消! でも無理するともっとひどい状態に!
  5. 頑張れ日本の高齢者よ少子高齢化対策の切り札はあなただ!
  6. 首の痛みはあなたの集中力を奪います! 頸部のリハビリ方法!
  7. 健康で長生きするためにはマックをたくさん食べましょうwww
  8. 20歳代のパワーを取り戻す高齢者のための秘密の筋トレ方法!

おすすめ記事

PAGE TOP