リハビリ裏話

腸内細菌に関するデマ! ヤセ菌デブ菌っていったいなんだよ www

腸内フローラが話題になっていますね!

最近はテレビを見ていても、「腸内フローラ」についての話題が増えてきましたね。

「腸内フローラ」を形成している「腸内細菌」は、私たちの体にとって、とても重要な働きを持っています。

この「腸内フローラ」とは、私たちの大腸に住む『常在菌』のことで、私たちは人類が誕生した当時より、この腸内細菌と共生関係にあって、一緒に力を合わせて生きてきたのです。

たとえばこの「腸内細菌」は、私たちが自力では作り出すことが出来ない、様々な貴重な栄養素(たとえば短鎖脂肪酸など)を作り出してくれます。

その栄養素によって、私たちは、私たちの体の免疫機能を調節したり、脳の神経活動を行ったりしています。

ですから「腸内細菌」の活動が衰えると、私たちはアレルギー疾患になったり、喘息が悪化したり、慢性関節リウマチになったり、神経難病になったり、うつ病になったり、不眠になったりします。

またお子さんの場合には、自閉症になったり、発達障害になる可能性が高まるのです。

ですから私たちは、この私たちの大腸に住む、大切な「腸内細菌」に対して、自分にご飯を食べさせるのと同じくらいの気持ちで、ゴハンを与えなければならないのです。

しかし「腸内細菌」の場合は、ゴハンとっても、白米は食べません。

「腸内細菌」のゴハンは、主に「食物繊維」などの、私たちが自力では消化できない、栄養素をゴハンにしています。

そう『食物繊維」が腸内細菌の主食なのです。

どうしましょうか?

大変ですね!

 

あなたの食物繊維足りていますか?

実はこの食物繊維が足りていないことが、あなたの「腸内細菌」を衰えさせて、あなたが肥満する大きな原因なのです。

でも食物繊維を適切に摂るには、食生活を正しく整えなければなりません。

つまり有名なセレブのスターなんかがやっているみたいな、オーガニックでヘルシーで手のかかる食生活です。

本当はセレブのような健康的で綺麗なスタイルになるには、それなりの知識と努力が不可欠なのです。

 

でもパンピーのあなたには、食事にそんな手間はかけていられませんね。

そこに付け入ってきているのが、ちょっとインチキくさい企みを持っている企業なのです。

つまり今話題の腸内細菌に絡めて、あなたにインチキな健康サプリを売りつけようとしているのですね。

今日は、どうやって健康食品メーカーが、あなたを騙して、たいして効果のない健康食品を売りつけるのか、その手法をご紹介したいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

どうして私たちはブクブク太ってもむさぼり食らうのか?

最近の健康ブームの反対側では、ポッコリお腹の飛び出したおじさん達が、ヤケクソ気味にメガ盛りやビックマックにかぶりついています。

もうどうやってもお腹が空いて、食べすぎてしまうし、どうせなら好きなモノを好きなだけ食べて幸せになりたい!

彼らは悲しそうに笑いながら、たいていはそんな事をおっしゃいます。

どうして私たちは体の栄養が過剰になって、ブクブクに太っているのに、それでもさらにむさぼり食らうのでしょうか?

じつはそこに「腸内細菌」が一枚噛んでいたのです。

「腸内細菌」は、もう何万年もの間、私たちと共生関係にあります。

ですから「腸内細菌」は、私たちの脳に、直接メッセージを送ることが出来るのです。

「僕たちのゴハンが足りないよ! もっと食べて!」ってね www

恐ろしい話ですよね!

いくら私たちの体が、「もう栄養は十分だよ」って脳に情報を送っても、私たちの大腸に住む「腸内細菌」が、「もっともっと食べて」と脳に命令していたのです。

だからメガマックのおじさん達は、あんなにブクブクなのです。

彼らは腸内細菌に操られて、あんな不憫な姿に変えられてしまったのです。

ある寄生虫がカタツムリに寄生すると、カタツムリの脳を操って、わざとそのカタツムリを鳥の餌になるように目立つ行動をとらせて、鳥に乗り移ることが知られていますが。

あのブクブク太ったおじさん達は、まるで脳を寄生虫に乗っ取られたカタツムリのようですね www

 

どうしてこんなことになってしまうのでしょう?

どうして共生関係にある、「腸内細菌」が、私たちの健康を損なわせるような事をするのでしょう?

それは「食物繊維」の不足が原因なのです。

かつて原始的な生活をしていた頃、私たちは木の実を齧り、草の根をしゃぶり、野生の芋を掘って食べていました。

それらの食材には、豊富な「食物繊維」が含まれていました。

昔の人たちは、1日に100g ~ 150g の食物繊維を摂っていたと考えられています。

しかし現代の日本では、私たちが1日に摂取する「食物繊維」は、わずかに10g 程度だと言われています。

かつての10分の1以下になっていますね。

これは企業が、小麦粉の保存がきくように、全粒粉を精製した真っ白な小麦粉に変え、玄米を白米に精米し、野菜を加工して簡単に野菜ジュースで飲めるようにした結果です。

これらの食品には、食物繊維がまったく含まれていません。

ですから現代日本の、私たちの大腸に住む「腸内細菌」は、常に飢えに苦しんでいるのです。

お腹が空いて絶滅寸前の「腸内細菌」は。必死にあなたの脳にメッセージ物質を送り続けています。

 

『もっと、もっと、もっと食べて!』とね。

 

そこであなたが玄米ゴハンと野菜炒めでも食べれば、腸内細菌も納得してくれるのです。

なぜならば玄米や野菜には、食物繊維がたくさん含まれていますよね。

でもそこで、あなたがビックマックを食べてしまったり、牛丼のメガ盛りを食べてしまったりすると、それらにはほとんど食物繊維が含まれていません。

ビックマックも牛丼も、あなたの胃と小腸で、そのほとんどが分解吸収され、なくなってしまいます。

これらの加工食品は、本当に私たちの体には、効率的に栄養を与えてくれます。

でも「腸内細菌」の住む大腸には、何も届かないのです。

ですから「腸内細菌」からのメッセージも止むことはなく、あなたは無限にビックマックを食べ続ける、無間地獄にハマって行くことになります。

 

ようは「食物繊維」を摂取すれば済む話なのです!

ではこの無限ビックマック地獄から逃れるためには、どうすればいいのでしょうか?

簡単です!

ようは「食物繊維」を1日20g以上摂取すればいいのです!

そうすれば「腸内細菌」から、脳にメッセージ物質が送られることもなく、ほとんど食間に空腹を感じることもなくなります。

一番手っ取り早い方法は、(あまりオススメしませんが)「難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)」のサプリメントの粉を、味噌汁や、スープや、ゴハンや、あらゆるものにドンドン混ぜて食べればいいのです。

じつは私も、この「難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)」の粉を、1日10g分、スムージーに混ぜて飲むことで、1ヶ月で10kgくらい、簡単に痩せることができました。

食事制限を一切行わず、夜のご飯は、お腹がパンパンになるくらい食べましたが、それでも痩せました。

まあ夜ご飯の主食は、ロウカット玄米にもち麦を混ぜたものでしたが。

でも本当に簡単に、なんの苦労もなく痩せられますよ。

ようはどんな食材を食べるのかに注意すれば良いだけなのです。

でもここで大きな問題が発生してしまいました。

これでは企業が儲からないのです。

 

ずるい大人の金儲け戦略!

確かにラットやマウスによる試験で、肥満のマウスと、普通の健康的なマウスでは、腸内細菌が違っていることが分かっています。

そして痩せたマウスに、太ったマウスの腸内細菌を移植すると、痩せたマウスが太りだす事も分かっています。

しかしそれは、あくまでも腸内細菌の種類と、その比率が違っているだけで、「デブ菌」や「ヤセ菌」と言った、宿主の体を太らせたり、痩せさせたりする菌があるわけではないのです。

しかもその菌の種類や比率も、大まかにこの種類の菌群が増えている、とか減っていると分かっているだけで、特定の菌が判明している訳ではありません。

しかも細菌は、ものすごい速さで進化しています。

ですから特定したと思ったら、次の瞬間には、別の菌に進化している可能性もあるのです。

ですからヒトの身体に取り入れて、体を痩せさせる「ヤセ菌」なるものは、未だにこの世には存在していないはずなのです。

なのにテレビや雑誌では、盛んに「太っている人と痩せている人では、腸内フローラが違っています」と宣伝しています(ここまでは本当のことです)。

そして、そこから先は、なんとなくモニャモニャと誤魔化して、「ヤセ菌サプリメント~♫」なんて感じに、いかにもな印象操作で痩せそうなイメージだけを宣伝しています。

みなさんなんとなくボンヤリとテレビを眺めているので、この「印象操作」はとても効果的で、しっかりした理論は何も説明されていないのに、何となく効果があるように、いつのまにか思い込まされています。

よく観察してみると、テレビのCMでは、ほとんどの健康食品や、健康サプリメントは、その効果の根拠が説明されていません。

ただ何となく健康に良いようなイメージ映像と、すごいです、すごいですの繰り返しで、印象操作されて、いつの間にか効果があるように思い込まされているのです。

でも好きなモノを好きなだけ食べて、ゴロゴロテレビを見ながら、タブレットを1日3粒飲むだけで、健康になったり、痩せたりするわけがありません。

真っ当に考えれば、すぐに分かることなのですが、みなさん脳に十分な栄養素(腸内細菌が作り出す)が届いていないので、安っぽいテレビのCM やステマ番組に、すぐに騙されてしまうのです www

昔、お父さんやお母さんに言われませんでしたか?

『テレビばかり見ていると馬鹿になるぞ』って!

あれは本当のことなのです。

 

何のことはない正しい食生活が大切なのです!

健康的に痩せるためには、食事の時に、食物繊維を摂取するように心がけるだけで、かなり効果が出ます。

腸内細菌の主食である、「食物繊維」を積極的に食事に取り入れることで、腸内細菌から脳に送られるメッセージを減らすことが出来るからです。

そうして食物繊維を積極的に摂ることで、腸内細菌の状態も、痩せやすい状態に変化しています。

それだけのことなのです。

正しい知識と、それを行う意思と行動力があれば、『高い健康サプリメント』も『ライザップ』も必要ないのです。

 

しかし問題はここにもあるのです。

この記事を読んで、あなたが健康的に痩せたとしても、私には1円も入ってこないのです www

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 脳卒中になると怒りっぽくなるのはなぜか?
  2. あなたは老人性ひきこもりに陥っていませんか?
  3. 結局は心と気持ちの問題なのです!
  4. あなたは我が子を信じなさい! 小児のニューロリハビリで感じること…
  5. アリとキリギリスのリハビリ物語 WWW
  6. 一人暮らしのお年寄りの身体の衰えを予防する方法を考える!
  7. アメリカ海外留学 バーガーショップでいきなり「トゥヒャトゥゴ」と…
  8. 海外から介護職員を受け入れるとどんなことが起きるか?

おすすめ記事

PAGE TOP