人生100年時代を生きる

コンビニで買える安全な食べ物なんて水とバナナくらいです!

最近のうつ病や認知症の増加は異常ではないでしょうか?

在宅医療の臨床をしていて、最近特に感じることは、認知症のお年寄りが増えたなあ、と言うことです。

また認知症だけでなく、うつ病というか、うつ傾向にある、お年寄りも、増えているような気がします。

それだけでなく、神経内科の先生方に言わせると、パーキンソン病などの、神経難病も増えているそうです。

じつは、1960年代より、日本人の寿命が、急激に長くなり、これからは人生100年時代に、突入して行くのだそうです。

認知症や、神経難病が増えているのは、その急激な長寿化によって、高齢者が増えたせいだと、言うのですが、どうもそれだけではない気がします。

高度な技術革新と、大量生産、大量消費の時代に、私たちの食生活は、大きく様変わりしました。

その結果、便利で! 美味しくて! 手軽で! 安い! 

そんなファストフードな食事が、忙しい現代社会の中で、もてはやされ、発達してきました。

その結果として、私たちの食は、大きなリスクに晒されることになったのです。

安くて便利な食事は、危険な食材が、てんこ盛りの、とても危険な食べ物だったのです。

せっかく寿命が延びたのに、その人生の後半生を、病院通いで、無駄にしたくはありませんよね。

 

特に、私たちの脳は、そのほとんどが「脂肪酸」から作られています。

ですから、食事で摂取する油の種類や質が、脳の健康に、直接、影響して来ます。

でも、世間には、安くて便利で、危険な油が、溢れかえっていて、これらが、私たちの健康を、ものすごく脅かしています。

今回は、人生100年時代を、健康に生き抜くための、油を中心とした、食べ物のお話です。

どうぞよろしくお願いします。

 

コンビニで買える安全な食べ物なんて水とバナナくらいです!

コンビニには、たくさんの安くて美味しい食べ物が、売られています。

でもね、安くて美味しい食べ物は、とても危険な食べ物なのです。

 

グルタミン酸ソーダまみれで時間が経っても固くならないおにぎり!

コンビニには、常に美味しいおにぎりが、百円ぐらいで、並んでいます。

いつ食べても、まるで握りたてみたいに、柔らかくて、風味もいいですよね。

自分の家で握ったおにぎりは、時間が立つと、固くなって風味が落ちるのに、どうしてコンビニのおにぎりは、美味しいのでしょうか?

時間が経った商品は、廃棄して、新しい商品に入れ替えているから?

まあ店側は、盛んにそういうイメージ戦略で、印象操作をしていますが、本当は違うのです。

コンビニのおにぎりには、ご飯全体に、「グルタミン酸ソーダ」をまぶしてあります。

そのために、風味が良く感じ、時間が経っても、美味しいのです。

でも「グルタミン酸ソーダ」には、偏頭痛や緑内障のリスクを高めるなど、健康に対する悪影響が、指摘されています。

また「グルタミン酸ソーダ」は、過剰摂取により、味覚飽和状態になるため、食べ過ぎに気がつかないのです。

お母さんが、摂取した「グルタミン酸ソーダ」が、胎児に影響を及ぼすことも、危惧されており、摂取には注意が必要です。

 

キッチンハイターのおかげで新鮮シャキシャキのサラダ!

コンビニのサラダも、いつもシャキシャキしていて、とても新鮮な感じがしますね。

これは、サラダの野菜を、「次亜塩素酸ソーダ」で、ジャブジャブ洗ってから、盛り付けしているからです。

この「次亜塩素酸ソーダ」とは、プールの消毒に使う薬品です。

もっと、わかりやすい例で例えるならば、『キッチンハイター』が、この「次亜塩素酸ソーダ」が主成分で出来ています。

「次亜塩素酸ソーダ」で洗っておくと、野菜が痛まず、カビなどが生えないため、食中毒予防に効果的なのです。

コンビニのサラダは、このキッチンハイターこと、「次亜塩素酸ソーダ」で洗った後に、水で洗っているために、原材料に表記しなくても、良いのだそうです。

でも絶対に残ってますよね、じゃないとカビが生えますもんね。

キッチンハイターを飲めば、死ぬくらいのことは、あなたにも良くわかりますよね。

 

いつまでも見栄えの良いおでん!

寒くなると、ついついコンビニのおでんを、買ってしまいます。

レジ横に並んでいる、美味しそうなおでんを見て、その匂いに釣られて、つい注文してしまいます。

でも、ここでも要注意です。

まずはおでん鍋の中に、プカプカ浮いている、ハンペンに注目してください。

どうして、コンビニのおでんは、ハンペンが綺麗に真っ白な状態で、長時間ダシ汁の上に、浮いていられるのでしょうか?

家庭でおでんを作ると、ハンペンは、すぐにダシを吸って、茶色くなって、鍋の底に沈んでしまいます。

でも、コンビニのハンペンは、何時間たっても、真っ白でフカフカしたまま、ダシ汁の上に、浮かんでいます。

これは、作っているメーカーさんの、苦心の賜物だそうで、作り方は企業秘密らしいのですが、どれだけの化学物質を混ぜ込めば、あんなハンペンが作れるのでしょうね。

もうこれは、食材というよりも、食べられるプラモデル見たいですね www

 

お菓子の原材料に注目!

コンビニには、たくさんのお菓子も、並んでいますね。

でも、気軽に買い物カゴに、放り込む前に、ちょっと裏面の、原材料名を確認しましょう。

そこには、様々な香料や人工甘味料などにまじって、『植物油脂』と書いてありますね。

原材料名に『植物油脂』と書いてあったら、それは決して食べてはいけません。

どうしてかというと、それは「トランス脂肪酸」だからです。

トランス脂肪酸は、キャノーラ油(菜種油)に、水素添加物を加えて、マーガリンやマヨネーズ、ショートニングなどを作るときに、一緒に作られます。

トランス脂肪酸は、心臓病のリスクを高めるだけでなく、過剰に摂取すると、性格が攻撃的になります。

つまりキレ易くなるのです。

それは、どうしてかと言えば、脂肪酸は、脳の主な原材料だからです。

脳のほとんどは、脂肪酸を材料にして、作られています。

ですから、トランス脂肪酸やアラキドン酸が多い脳は、キレ易くなるのです。

反対に、天然の魚介類の油に含まれる、「α-リノレン酸」から、体内で合成される、DHAが多い脳は、記憶力が高く、おだやかになります。

また『植物油脂』の危険性は、それだけではありません。

 

トランス脂肪酸と一緒にできるハイドロ型ビタミンK

『植物油脂』のショートニングなどを作る場合、キャノーラ油に水素添加物を混ぜて、粘り気を出します。

その時に、トランス脂肪酸と一緒にできるのが、水素とビタミンKが結合して作られる、ハイドロ型ビタミンKです。

これは、かなり毒性の強い物質なのです。

もともとキャノーラ油じたいが、菜種油であり、江戸時代には、毒性が高くて、食用にできなかったために、行灯の油に使われていましたから。

まあ毒に毒を混ぜて、さらにキツめの毒を作って、それをお菓子の材料にしているわけです。

欧米では、すでにトランス脂肪酸は、製造も販売も禁止されています。

ですから、マーガリンもマヨネーズも、欧米では普通には、食べられません。

あなたがダイエットのために食べている、そのカロリーハーフのマーガリンとマヨネーズ。

カロリーは関係なく、はじめから毒なのです。

とにかくお菓子の原材料名に『植物油脂』と書いてあったら、それはトランス脂肪酸ですから、絶対に食べてはいけません。

 

追伸: みなさん大好きな、おでんの具ですが、さつま揚げや、げそ天などの練り物にも、ほぼ全部に『植物油脂』が使われています。  これも、アウトですね!

 

まだまだ危険な油があります!

とにかく、現在の日本社会は、揚げ物が多くなっています。

コンビニでも、唐揚げが定番ですし、スーパーのお惣菜コーナーには、天ぷらやアジフライなどの、揚げ物が並んでいます。

ケンタッキーフライドチキンは、とても美味しくて、ついつい食べたくなります。

でも、実はそれ、食べてはいけない、毒なのです。

 

パーム油で揚げた毒フライ

みんなが大好きな揚げ物。

ほとんど毎日食べてる揚げ物。

ケンタッキーフライドチキンも、コンビニの唐揚げも、スーパーのお惣菜の揚げ物も、レストランのフライも、全部パーム油で揚げられています。

このパーム油とは、アブラヤシから絞った油です。

昔の天然石鹸は、このアブラヤシから絞った、パーム油で作られていました。

そう、パーム油は、石鹸の原材料の油だったのです。

つまり、私たちは、毎日、石鹸で揚げた、フライを食べているのです。

スーパーやレストランの裏に回って、揚げ物を作っているところを見ると、油が足りなくなると、大きな白い石鹸みたいな塊を、ドボンドボンと天ぷら鍋に放り込んでいます。

まあ、この塊に、お花の香りを加えれば、それは立派な石けんになるでしょう www

繰り返し注意しておきますが、これらの油からできる、脂肪酸は、脳の材料になります。

石鹸の油で、脳の神経を作ると、しまいにはどうなるのか?

まあ予測はつきますね。

私たちが、安い値段で、気楽に、揚げ物が食べられるようになったのは、日本が豊かになったからではなく、石鹸で揚げた、毒フライを、騙されて、食べているからなのです。

 

キャノーラ油を天ぷらに使ってはいけません!

キャノーラ油は、安くてヘルシーなイメージです。

ですから、あなたのご家庭でも、油を大量に使う天ぷらの調理には、キャノーラ油を使うことが、一般的なのではないでしょうか?

しかし、あなたは、このキャノーラ油の正体について、しっかりと知っておかなければなりません。

キャノーラ油というのは、「菜種油」の一種です。

「菜種油」と言えば、江戸時代には、行灯の灯明の油に使われていました。

いわば、工業用の燃料油ですね。

これは、なぜかと言うと、「菜種油」は毒性が高く、心臓病や、腎臓病のリスクが高いため、食用に使うことが出来なかったのです。

しかし、1978年に、カナダの研究者が、有害物質を大幅に減らした「菜種油」を開発し、カナダにちなんで、「キャノーラ油」と名付けられました。

ですが、この「キャノーラ油」にも、安全性に問題があったのです。

それなのに、その問題が、十分に検証されないまま、大量生産と輸出が、始まってしまい、この問題は、あやふやなまま放置されてしまいました。

企業の利益のために、私たちの健康が、ないがしろにされてしまったのです。

動物実験では、キャノーラ油を食べて育った、ラットは、男性ホルモン(テストステロン)が、減ってしまうのです。

最近、日本人男性の精子が減っていると、大騒ぎになりましたよね。

また、キャノーラ油を食べて育った、ラットは、興奮しやすく、異常行動が目立つのだそうです。

最近は、「キレやすい子供」が、良く話題になりますね。

さらには、キャノーラ油を食べて育った、母親から生まれたラットは、その他のラットに比べて、寿命が短いことが分かっています。

この、キャノーラ油の性質、何かに似ていると、思いませんか?

そうです、環境ホルモンですね。

いわば、キャノーラ油は、環境ホルモンなのです!

 

私たちの脳は、そのほとんどが「脂肪酸」から出来ています

キャノーラ油の毒性物質(一種の環境ホルモン)は、脳に蓄積しやすく、子供の脳にも、強く影響します。

自分の子供の脳が、環境ホルモンまみれの、油でできていると考えると、心底ゾッとしますよね。

 

化学抽出の油の危険性

あなたも「オリーブオイル」が、健康に良いと思っていますか?

でも「オリーブオイル」は、「オレイン酸」ですから、どちらかと言うと、健康には良くも悪くもないのです。

まあ、当たり障りのない、いわば「危険性の少ない」油です。

食べ過ぎると、太りやすい油ですけどね www

ですが、その「オリーブオイル」にも、リスクが存在します。

それは、「油の絞り方」の違いです。

最近では、オリーブオイルが人気で、どこのスーパーでも、沢山のオリーブオイルが売られています。

そして、値段もずいぶんとこなれて、安くなって来ましたよね。

でも、それってどうしてなんでしょう?

それはね、昔はオリーブオイルを絞るのに、機械で圧縮して絞っていました。

でも、最近では、化学薬品を使って、化学的に絞っているのだそうです。

この油を絞るための、化学薬品は、当然、毒性が高いのです。

その薬品を、飛ばすために、加熱して処理します。

この加熱処理の過程で、「トランス脂肪酸」が作られます。

また、毒性の高い化学薬品も、完全には除去されません。

こうして、安くて美味しい「オリーブオイル」が作られるようになったのです。

セレブの真似して、安物のオリーブオイルを、スプーンですくって飲むなんて、可笑しなことをしないようにしてくださいね。

それ、健康に良くないです!

 

どうやって安全な油を食べれば良いのか?

あなたは、「サラダオイル」を安全だと思っていますか?

サラダオイルや、紅花油や、ひまわり油、コメ油などは、すべて「リノール酸」が主成分です。

確かに「リノール酸」は、私たちの体内で作れない、必須脂肪酸である「アラキドン酸」の原料です。

でも、じつは、この「リノール酸」は、私たちの食べ物の、ほとんどに含まれており、「リノール酸」を含まない食品を探すほうが、大変なくらいです。

ですから、毎日の油を、サラダオイルにすると、「リノール酸」の、過剰摂取になってしまいます。

 

リノール酸の過剰摂取のリスク

サラダオイルを食べていて、リノール酸が過剰に摂取されると、体内の「アラキドン酸」が、過剰になります。

体内の「アラキドン酸」が過剰になると、その「アラキドン酸」から、大量の『炎症性物質』が作られます。

この『炎症性物質』は、「トロンボプラスチン」や「プロスタグランジン」などですが、これが増えると、体内で、過剰な炎症反応が、起きやすくなります。

その結果として、喘息やアレルギーになりやすくなります。

つまり、花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎、じんましん などの病気に、なりやすくなるのです。

 

また「アラキドン酸」が、体内で過剰になると、皮膚ガンや肺ガン、大腸ガンや食道ガンのリスクが、高まります。

これは、私たちの体の中では、毎日、ガン細胞が生まれており、それを免疫機能が、排除しています。

しかし、体内の「アラキドン酸」が、過剰になると、このガン細胞が増えやすくなるのです。

 

さらにさらに、繰り返しますが、私たちの脳は、ほとんどが「脂肪酸」でできています。

「アラキドン酸」も脂肪酸ですから、脳の材料になります。

脳に「アラキドン酸」が過剰になると、脳は興奮しやすくなります。

つまり「キレやすく」なるのです。

 

動脈硬化もアラキドン酸が問題になります

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や、脳卒中、さらには認知症のリスクも、高まります。

この動脈硬化も、「アラキドン酸」の過剰が、原因なのです。

みなさんは、コレステロールが、動脈硬化の原因であると、教えられてきました。

しかし、本当は違うのです。

コレステロールは、傷ついた動脈を修復するための、大切な材料になります。

なので、体内のコレステロールが多くても、本当はそんなに問題はないのです。

それどころか、私たちの食事が豊かになり、食事に、コレステロールが増えたことで、壮年期の脳出血が減っているのです。

しかし、体内の「アラキドン酸」が、過剰になると、アラキドン酸が、コレステロールを酸化させてしまいます。

この「酸化したコレステロール」で、動脈を修復することで、動脈硬化になってしまうのです。

つまり、コレステロールが悪いのではなく、サラダオイルの過剰摂取が、動脈硬化の原因だったのです。

「リノール酸」は、ほとんどの食材に含まれているため、どうしても過剰摂取になりやすくなります。

ですから、なるべくサラダオイルをやめて、リノール酸の過剰摂取を、防がなければならないのです。

 

α–リノレン酸を食べましょう!

最近では、EPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)が、話題になっています。

これらの脂肪酸は、魚介類の油などに含まれる「α–リノレン酸」から体内で作られ、ω3脂肪酸に、分類されています。

私たちの脳は、脂肪酸で出来ていて、どの脂肪酸が多いかで、脳の性能が変わってきます。

そして、脳の性能を高めてくれるのが、このω3に分類される、EPAやDHAなどの、脂肪酸なのです。

EPAやDHAが多い脳は、穏やかで、記憶力が高まります。

また、EPAやDHAは、「アラキドン酸」の過剰による、体内の炎症反応を抑えて、アレルギーなどを、予防してくれます。

ですから、EPAやDHAを、積極的に摂りたいですね。

このEPAやDHAなどの元になる、「α–リノレン酸」は、魚介類の油や、緑黄色野菜の葉に、多く含まれています。

また、植物性の油であれば、「えごま油」「シソ油」「亜麻仁油」に、多く含まれています。

ですから、できるだけ魚を食べるようにしたいですね。

また摂取する油は、「リノール酸」2に対して、「α–リノレン酸」1の比率が、良いと言われています。

ですから、できるだけサラダオイルを取らずに、「えごま油」「シソ油」「亜麻仁油」を食べるようにしましょう。

 

ここで、注意点ですが、せっかく高い「えごま油」を買っても、それが化学抽出であれば、意味はありません。

少し高価ですが、昔ながらの「機械絞り」のえごま油を探しましょう。

「機械絞りのえごま油」は、無味無臭で、ほとんど色もなく、サラサラしています。

それに対して、「化学抽出のえごま油」は、黄色くて、変な風味があるので、嫌がる人が多いです。

なので、安全なえごま油は、無味無臭でほとんど色もないと、覚えておきましょう。

 

まとめ

本当に、世の中には「危険な油」が、多すぎます。

これも、安く手軽な天ぷらや、唐揚げを食べたいと言う、人々のワガママにつけこんで、企業が利潤追求している結果です。

本来の、天ぷらなどの油料理は、高級な食事なのです。

それを、安く、毎日食べようとするから、毒を食らわされることに、なるのです。

では以下に安全に油を食べるための心得をまとめておきます。

 

⑴ コンビニやスーパーの揚げ物は、パーム油で揚げているから、食べません

⑵ 原材料名に「植物油脂」と書いてあったら、それはトランス脂肪酸なので、食べません

⑶ キャノーラ油は環境ホルモンを含むので、食べません

⑷ サラダオイルは、リノール酸(アラキドン酸)の過剰摂取になるので、食べません

⑸ α–リノレン酸の多い、魚をなるべく、食べましょう

⑹ 「えごま油」「シソ油」「亜麻仁油」を、食べましょう

 

油は、脂肪酸になり、それが脳を作ります。

サラダオイルを摂り続けると、脳の主成分が、「アラキドン酸」になり、イライラして、切れやすくなります。

また、キャノーラ油や、パーム油には、危険な毒性の成分が含まれており、脳の主成分が、それらの油からの脂肪酸になると、アルツハイマー型認知症などの、リスクが高まります。

ガンのリスクも高まります。

また、それらのリスクは、母親から子供に、受け継がれていきます。

マーガリンや、マヨネーズ、アイスクリームやチョコレートの原材料に使われている、「植物油脂」は、トランス脂肪酸であり、これも脳に悪影響を与え、様々な認知症や神経難病の原因となります。

それに対して、「α–リノレン酸」を含む、魚を食べ、えごま油を摂取し続けると、脳の主成分は、EPA や DHA になり、気分が穏やかになり、記憶力が向上します。

決して、毎日の油を、おろそかにしてはいけないのです。

 

しかし、この油の話をすると、そんなことでは揚げ物は食べられない、と良く言われます。

その通りだと思います。

本当は高価な、揚げ物を、気楽に食べることは、本来は難しいことなのです。

私個人の解決策としては、「煮物を食べよう」と言うことになります。

なので最近、「電気圧力鍋」を書いました www

私は、揚げ物は、諦めて、チョンマゲが生えるくらい、煮物を食べようと思います www

だって、現代社会で、安全に揚げ物を食べるなんて、ほとんど不可能に近いんだもん(泣)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 五十肩は怖くない! 肩のコアマッスルのコンディショニング方法!
  2. 健康とダイエットのための腸内細菌の上手な育て方5つのポイント
  3. 本当に豊かな人生の後半戦に必要なのはお金ではありません『物語』で…
  4. 頑張れ日本の高齢者よ少子高齢化対策の切り札はあなただ!
  5. サラダオイルを食べると認知症になります!
  6. 健康食品なんてこの世に存在しないという厳しい現実を知る必要があり…
  7. 究極の健康ダイエット食で大腸のマイクロバイオータを育てる!
  8. 20歳代のパワーを取り戻す高齢者のための秘密の筋トレ方法!

おすすめ記事

PAGE TOP