リハビリ裏話

なぜ現代人はブクブク肥え太っても貪り食うのを止められないのか?

予想以上に太っていた現代アメリカ人

約20年前に、私が米国に留学した時、あちらのアメリカンな方々が、あまりにお太りあそばしているのを見て、本当にびっくりしました。

20代になったばかりの女子大生が、まるっきりの中年太りになっていて、クラスメイトの女の子たちを、私はずっとおばさんだと思い込んでいました。

しかし入学から1年以上経って、彼女たちが、みんな21歳くらいと聞いた時には、本当に腰が抜けるほど驚きました。

あちらでは女性に年齢を聞くことは、マナー違反なので、ずっと聞きそびれていたのですね。

 

大学の寮に、ひとり車椅子に乗った学生がいて、僕は彼が何かの神経学的な病気かと思い、密かに同情していたのですが、ある日トイレで歩いている彼を見たのです。

いつもは車椅子に座っていたので、気がつかなかったのですが、とにかく太っていて、下半身にダブダブの肉が垂れ下がっていました。

彼は重そうにしながら、ヨタヨタ歩いていましたが、歩き方のどこにも神経症状らしきものは、見当たりませんでした。

彼は、太りすぎで、歩くと膝関節が壊れてしまうために、車椅子を使っていたのです。

本当にアメリカ人の太りっぷりには、驚かされます。

 

あちらのアクション映画には、スタイルの良い、小ざっぱりした男女が、キラキラと走り回っているので、アメリカはそういう国だと思い込みがちです。

でも実際に行ってみると、あれはファンタジーなのだと、映画とは夢の世界を描いているのだと、良く理解できます。

アレはアメリカ人の理想の姿であって、現実の姿ではないのです。

 

まあそうは言っても、最近の日本人も、なかなか立派になってきています。

なぜ現代の先進国の人間は、必要のない栄養、過剰なカロリーまで、ガツガツ貪るように食べてしまうのでしょう?

本来であれば、不必要な栄養は、私たちの身体が求めないため、過剰な食事を摂る必要がないはずなのです。

でも現実問題として、私たち先進国の人間は、ガツガツ貪って、ブクブク太っています。

テレビで、アフリカのマサイ族の、すらっとしたスタイルの良い姿を見て、ため息をついているのは、私だけではないはずです。

でもマサイ族とは、遺伝子が違うから仕方がない。

そう思いますよね。

確かに体型なんかは、そう言った傾向があるかもしれません。

 

しかし、最近の研究で、私たちがブクブク太るまで貪り食う原因が分かってきたのです。

それは私たち先進国のライフスタイルが原因だったのです。

もっと言えば、食事と睡眠です。

 

腸内フローラ(マイクロバイオータ )の乱れが肥満や万病の原因です!

私たちの大腸には約100兆個~1000兆個の腸内細菌(常在菌)が住んでいます。

私たちはこの腸内細菌たちと共生関係にあります。

つまり腸内細菌は、私たちの食べた食事から栄養を取り、それを発酵分解することで、私たちが自分では作れない、貴重な栄養素を作ってくれているのです。

私たちが食べた食事は、胃と小腸で、そのほとんどが消化吸収されます。

しかし食物繊維(多糖類・難消化性デキストリン)などは、私たちは、自力では消化吸収できません。

私たちの食べた、食事に含まれる食物繊維は、胃や小腸では消化吸収できずに、大腸に送られていきます。

そこで大腸で待ち受けていた、腸内細菌が、この食物繊維を発酵・分解して、自分たちのエネルギーに変えます。

この発酵・分解の結果、生み出される様々な代謝産物(例えば短鎖脂肪酸など)が、私たちの生命維持に欠かせない、貴重な栄養素になるのです。

ですから腸内細菌の作り出す、様々な栄養素が不足すると、私たちは様々な病気になります。

 

自閉症やアレルギーが増えたのも食事の変化による腸内フローラの乱れです!

例えば、赤ちゃんの腸内細菌が、うまく働かないと「自閉症」や「発達障害」になる可能性があります。

最近は、帝王切開で生まれ、生まれてすぐに抗生剤を投与され、母乳なしで育つ赤ちゃんが多いため、赤ちゃんの腸内細菌が十分に育たないため、赤ちゃんの脳神経が十分に発達しないのです。

じつは腸内細菌の作る栄養素は、私たちの脳の神経細胞の発達も促しています。

また腸内細菌が作る栄養素が不足すると、私たちの免疫が暴走して、「慢性関節リウマチ」などの自己免疫疾患になったり、「多発性硬化症」などの神経難病になる可能性があります。

腸内細菌が作り出す、短鎖脂肪酸が、Treg細胞などの、免疫機能を調節する細胞を増やして、活性化しますから、短鎖脂肪酸が不足すると免疫が暴走してしまいます。

免疫細胞が暴走すると、免疫細胞は、自分の関節の組織や、脳神経細胞を攻撃し始めてしまうのです。

アレルギーも悪化します。

 

また腸内細菌が作る栄養素が不足すると、セロトニンやメラトニンなどの、神経伝達物質を作るための材料も不足しますから、「うつ病」や「睡眠障害」になります。

またTMAOなどの、体に害を及ぼす物質が増えますから、「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクも高まります。

そしてあなたはいつまでも食べることが止められなくなり、メタボ体型になるのです。

 

腸内フローラ(マイクロバイオータ )が乱れると食べるのをやめられない!

ちょっとアフリカの原住民の食事を想像してみてください。

彼らは農耕をしませんから、木の実などを採取して食べています。

また植物の茎や、根などを掘ったりして食べています。

これらの彼らの主食には、大量の食物繊維が含まれています。

彼らの1日の食物繊維の摂取量は、およそ100g~150gと言われれています。

それに対して、先進国の世界経済第3位の日本に住む、私たちの食生活はどうでしょう?

例えば、昔は玄米を食べていましたが、いまはほとんどが白米です。

玄米には食物繊維が含まれていますが、白米にはゼロです。

うどんも食物繊維はゼロです。

蕎麦も10割蕎麦や二八蕎麦なら、食物繊維はありますが、最近は偽物も多く出回っていますね。

野菜の摂取量は、ドンドン減っており、代わりに野菜ジュースを飲んでいます。

この工場で濃縮還元加工された野菜ジュースは、野菜風味ジュースであり、食物繊維はまったく含まれていません。

ですから私たち先進国の食事には、食物繊維はほとんど含まれていないのです。

先進国の人々の食物繊維の摂取量は、およそ1日10gまで減ってきています。

ですからあなたの大腸に住んでいる、大切な腸内細菌たちは、常に飢えに苦しんでいるのです。

そして腸内細菌には、もうひとつ特技があります。

 

腸内フローラの出すメッセージ物質があなたを暴食に走らせます!

それは腸内細菌が、メッセージ物質を出して、脳に直接命令を出せるということです。

つまりあなたの身体からは、「もう栄養が十分です」と連絡がきていても、あなたの腸内細菌からは「もっと食べないと死んじゃうよ」と連絡がバンバン来ているのです。

そうするとあなたの脳は、腸内細菌が死んでしまうと、自分も危ないことを知っていますから(たとえあなたが知らなくても)、一生懸命に食べ続けることになります。

しかしその時に、あなたが食べている食事には、食物繊維は含まれていませんけどね www

食事の内容を見直さない限り、あなたは永遠にむさぼり食らう運命なのです。

 

睡眠不足が肥満を生みます!

もうひとつついでに睡眠のこともお話ししておきます。

私たち日本人の平均睡眠時間は、およそ6時間30分です。

これは北欧などの人達に比べて、約1時間少なくなっています。

またストレスなどにより、私たちの睡眠の質も低下しています。

じつは睡眠不足になると、脳に送られる栄養素である、グルコース(糖分)が少なくなることが分かっています。

そうなると脳はエネルギーが不足して、ボーっとしてしまい、判断力が低下します。

そこで脳は、手っ取り早く甘いものを食べて、血液中の血糖値を上げようとします。

血液中の血糖値が、急激に上昇すれば、それだけ脳に届くグルコース(糖分)も増えるという計算です。

あなたが睡眠不足で疲れを感じている時、ついつい甘いケーキや、お菓子をバクバク食べて、あとで後悔するのは、こういう仕組みによるのです。

あとで気がつくのは、その時にようやく脳がエネルギーを十分にえて、正常に判断力が戻ったからですね。

睡眠不足になると、判断力が低下しますから、要注意です。

 

もしこんな生活が毎日続いてしまっていたら、あなたは糖尿病になってしまいますし、肥満にもなりますね。

まあロクなことにはなりません。

 

そろそろ食生活と睡眠を、キチンと見直してみませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 現代社会では企業に洗脳されてブクブク太らされる説について!
  2. Amazon の Kindle電子書籍でリハビリテキストを出版し…
  3. ピンピンコロリは選ばれし者のみに許された逝き方です!
  4. 高齢者介護待ったなし! 移民問題をタブーにしてはいけない5つの理…
  5. 人工呼吸器の高性能化がもたらしたもの
  6. 少し未来のリハビリテーションの話をしましょう!
  7. 脳卒中になると怒りっぽくなるのはなぜか?
  8. リハビリと加齢の関係 としをとったら諦める?

おすすめ記事

PAGE TOP