リハビリ裏話

日常生活に潜む危険な油のワナ オリーブオイルは本当に体に良いのか?

動物性脂肪で動脈硬化は起きません

私たちが普段から食べている油には、動物性の油と、植物性の油があります。

これまでは、動物性の油に含まれる「飽和脂肪酸」は、コレステロールの元になるために、健康に良くないと考えられてきました。

動物性の油は、コレステロールになるため、血管の動脈硬化を悪化させてしまうと、考えられてきたからです。

しかしながら、コレステロールは傷んだ血管を修復するために、必須の材料であり、これがないと血管が弱ってしまうのです。

私たちの身体にある、無数の血管は、常に何らかのストレスで傷つけられています。

それらの血管を傷つけるストレスとは、細菌や、酸化したタンパク質や、食後の高血糖などです。

これらのストレスは、日常生活を送る上で、常に発生していますから、私たちの血管は、しょっちゅう傷つけられています。

そして、血管が傷つけられると、私たちの身体の免疫機構が、血液中のコレステロールを材料にして、血管を修復するのです。

ですからコレステロールは、私たちの身体にとって必須の栄養素であると言えます。

有名な悪玉コレステロールであるLDLも、単なるコレステロールの運搬機能を表しているだけですので、LDLコレステロールが悪玉、HDLコレステロールが善玉ということも、ありません。

肝臓で作られたコレステロールは、LDLに乗せられて、全身に運ばれます。

そして血管の修復などに使われ、残ったコレステロールを、HDLに乗せて回収します。

ですから、単にコレステロールを運んでくるから「悪玉」、コレステロールを回収するから「善玉」と呼んでいるだけなのです。

本来は、コレステロールに「善玉」も「悪玉」もありませんし、コレステロールが動脈硬化の原因にもならないのです。

現に日本の70年代の「高度経済成長期」以前には、私たちの食事のコレステロールが低かったために、壮年期(40代~50代)の「脳内出血」の発症率が、とても高かったのです。

しかし、私たちの食事のコレステロールが増えるにつれて、「脳内出血」の発症率は下がってきています。

コレステロールが増えたおかげで、血管が丈夫になったのと、高血圧の薬が普及したので、血管が破れにくくなったのです。

しかし、「脳内出血」が減ると同時に、脳の血管が詰まる「脳梗塞」は、逆に増えてしまっています。

なぜ私たちの血管は「動脈硬化」に陥ってしまうのでしょう?

それはね、コレステロールが体内で「酸化」されてしまうからです。

 

サラダオイルを食べると動脈硬化が進行します

植物性の油であるサラダオイルは、これまでは健康に良いと信じられてきました。

植物性の油は「不飽和脂肪酸」と呼ばれますが、その中でもサラダオイルの主成分は、ω6不飽和脂肪酸である「リノール酸」です。

「リノール酸」は、体内で「アラキドン酸」に変化します。

この「アラキドン酸」は、必須脂肪酸と呼ばれ、私たちの体内で、自力で作り出すことができないため、これをサラダオイルなどで積極的に摂ることは、健康に良いことだと考えられてきたのです。

しかし、じつは「リノール酸」は、私たちが食べている、ほとんどの食材に含まれており、どちらかというと過剰摂取になりやすいのです。

そして「リノール酸」を食べ過ぎると、体内の「アラキドン酸」も過剰になります。

体内で過剰になった「アラキドン酸」は、ホルモン様物質である『ロイコトリエン』『プロスタグランジン』『トロンボキサン』などを、過剰に作り出します。

これらのホルモン様物質は、炎症性物質であり、私たちの体内での「炎症反応」を過剰に引き起こします。

炎症反応は、コレステロールを酸化させ、酸化コレステロールを血管の修復に使うことで、動脈硬化が進むのです。

つまりは、サラダオイルを食べることで、体内の「リノール酸 → アラキドン酸」が過剰になり、炎症反応が過剰に引き起こされることで、コレステロールが酸化されて、動脈硬化が進行するのです。

これまで健康に良いと信じられてきたサラダオイルが、あなたの動脈硬化の原因だったのです。

決して焼肉の食べ過ぎで、コレステロールが高いことが、動脈硬化の原因ではなかったのです。

血中のコレステロールが高いだけでは、動脈硬化にはなりませんからね。

 

サラダオイルの食べ過ぎは万病のもとです

サラダオイルの食べ過ぎで、体内の「アラキドン酸」が過剰になると、さらに様々な病気の原因となります。

体内の炎症反応が過剰になると、アレルギー疾患になりやすくなり、「喘息」や「花粉症」が悪化します。

また私たちの体内では、常にガン細胞が発生していますが、それを免疫機能が殺し続けることで、ガンの発症を防いでいます。

体内の炎症反応が過剰になると、このガン細胞の発生率が高くなり、またそれが進行しやすくなります。

ですからサラダオイルの食べ過ぎは、ガンのリスクも高めるのです。

さらに「アラキドン酸」は脂肪酸で、脂肪酸は脳の材料です。

脳の材料である脂肪酸に「アラキドン酸」が増えると、脳の神経細胞は過敏になり、イライラしやすくなります。

またアルツハイマーなどの認知症のリスクも高まると言われています。

どうでしょうか?

あなたはこれでもサラダオイルを食べますか?

 

比較的に安全なオリーブオイル

最近はオリーブオイルが人気ですね。

オリーブオイルは健康に良いと、セレブが持て囃しているので、それに騙された一般庶民も、オリーブオイルに夢中です。

しかしオリーブオイルは、その主成分はω9不飽和脂肪酸である「オレイン酸」です。

このオレイン酸は、動物性の飽和脂肪酸に近い性質を持っています。

つまり、巷で言われている様な健康効果は、ほとんどないけれども、悪い働きもないと言うことです。

ちなみに「オレイン酸」は、脂肪として蓄積しやすいため、食べ過ぎると太りますよ www

まあ毒にも薬にもならないけれど、安全な油なのが「オリーブオイル」です。

 

安物のオリーブオイルは危険です

でも安全なオリーブオイルは、少なくとも1瓶3000円以上のものと考えてください。

どうしてかと言うと、それは安物のオリーブオイルは「化学的に絞っているから」なのです。

高級なオリーブオイルは、昔ながらの「機械絞り」です。

しかし機械絞りでは、効率的にオリーブオイルが絞れないために、現在では化学薬品を加えて、オイルを抽出し、その後に熱処理して化学薬品を飛ばすという方法で、化学的にオイルを絞っています。

そうやってオリーブオイルの値段を下げて、庶民にも買いやすくしているのです。

しかし、この方法では、熱処理をするときにトランス脂肪酸が発生しますし、化学薬品も残留して、毒性の高いオリーブオイルになります。

じつは、安物の植物性の油は、ほとんどがこの化学的な抽出方法をとっています。

サラダオイルなんかも、これで毒性が高まっているのです。

やはり安物は危険ですね。

セレブの真似して、安物のオリーブオイルをショットグラスに入れて、気取って飲んでいる、そこのあなた、それ健康にとても良くないです www

 

揚げ物は町の肉屋さんで買いましょう

皆さんが大好きな唐揚げなどの揚げ物は、昔ながらの町の肉屋さんで買いましょう。

昔ながらの町の肉屋さんは、豚のラードで揚げ物を作っています。

じつはこれが一番安全なのです。

まあ食べ過ぎると太りますけどね。

ちなみに、ケンタッキーや、コンビニや、スーパーの揚げ物はダメですよ。

これはキャノーラ油(菜種油)やパーム油(椰子油)で揚げていますから。

このキャノーラ油とパーム油も、環境ホルモンの塊で、食べるとガンになったり、認知症になったり、男性なら精子が減ったりしますからね。

決して食べてはいけません。

そう考えると、本当に揚げ物って昔から高級品なんだなと、つくづく思いますね。

 

「揚げ物は町の昔ながらのお肉屋さんで買いましょう」これだけ覚えておいてね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

関連記事

  1. リハビリと加齢の関係 としをとったら諦める?
  2. リハビリテーションを効果的に進めるためのスマートカット方法とは!…
  3. なぜ現代人はブクブク肥え太っても貪り食うのを止められないのか?
  4. あなたはテレビの印象操作に騙されないで対抗できていますか?
  5. 日本のリハビリテーションは伝統芸と様式美におちいって進化しなくな…
  6. LGBTより年寄りと子供に税金を投入してくれ!
  7. 一人暮らしのお年寄りの身体の衰えを予防する方法を考える!
  8. アリとキリギリスのリハビリ物語 WWW

おすすめ記事

PAGE TOP