人生100年時代を生きる

アンチエイジングと快適な睡眠のためのマグネシウム補給を!

はじめに

マグネシウムは抗ストレス作用のあるミネラル成分です。

しかしマグネシウムの働きはコレだけではありません。

マグネシウムは

⑴ 血糖値を調節する

⑵ 血流をスムースにする

⑶ 血圧を適正に調節する

⑷ 筋肉の緊張を和らげる

⑸ 痛みを鎮める

⑹ 神経の高ぶりをおさえる

などの機能がテンコ盛りにあります。

とても重要なミネラルですね。

そしてコレらの働きは、私たちの睡眠を快適にするためにも、不可欠な作用なのです。

しかしマグネシウムは、私たちの体内で、とても不足しがちです。

そしてマグネシウムが不足することで、死期が早まる確率が2倍になると言われています。

先進国で暮らしている人の、80%以上、ほとんどの人が、このマグネシウムの不足に苦しんでいるそうです。

そう考えると、コレを読んでいるあなたも、おそらくはマグネシウムが足りていないことでしょう。

今回はこのマグネシウムに関して、その効果と適切な摂取方法について解説したいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

サプリメントは本当に健康に良いのか?

最近は、健康のためにサプリメントを利用する方も多いと思います。

しかし私たちの身体に必須の栄養素をサプリメントで摂ることは、賛否が分かれています。

たとえばニンジンを食べることは、身体に良いことは当たり前ですよね。

そしてニンジンには、β-カロテンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

このβ-カロテンを補給するために、β-カロテンのサプリメントを服用すると、どうなるでしょう?

実はβ-カロテンのサプリメントを服用していると、発ガン性のリスクが高まることが分かっています。

しかしニンジンを食べても、発ガン性はありません。

つまり食材から、特定の栄養素を取り出して、サプリメントとして服用することには、リスクがあると言うことです。

これにはもしかすると「腸内フローラ(マイクロバイオータ)」の働きも関係しているかもしれません。

つまり本来はニンジン丸ごと食べて、食物繊維と一緒に、マイクロバイオータが発酵・分解することで、β-カロテンも有効な成分に変換されていたものが、サプリで摂取することで、簡単に小腸で吸収できてしまい、それが逆に身体に悪い影響を与えているとかです。

これはあくまでも私の想像のひとつにすぎませんが。

しかしβ-カロテンをサプリで摂取すると、発ガン性が高まるのは事実です。

他にもトマトのリコピンなど、サプリで摂取しても健康になれない栄養素はたくさんあります。

 

 

ではマグネシウムはどうでしょうか?

 

 

マグネシウムが睡眠に与える影響について!

マグネシウムは、利用範囲が広い、万能なミネラルなために、私たちの身体の中で、常に不足しています。

そしてマグネシウムを増やせれば、身体が抱えているストレスは軽くなり、睡眠の質も向上することが分かっています。

これはマグネシウムによる以下のような効果があるからです。

⑴ 血糖値を調節する

⑵ 血流をスムースにする

⑶ 血圧を適正に調節する

⑷ 筋肉の緊張を和らげる

⑸ 痛みを鎮める

⑹ 神経の高ぶりを抑る

マグネシウムは、あなたの身体の中の、300以上の酵素反応に関係しています。

あなたの身体の中の、骨・筋肉・脳などを中心に、身体のあらゆる組織で利用されています。

マグネシウムは、あなたの細胞がエネルギーを生み出すために必須です。

細胞の膜組織を安定させ、筋肉の緊張をほぐすためにも、マグネシウムが使われています。

ですからマグネシウムが不足すると、体内で様々な問題を引き起こしてしまいます。

そしてマグネシウムが不足すると、「慢性的な睡眠不足」におちいることが分かっています。

なので今すぐにでも、マグネシウムの不足を補う必要があるのです。

 

食べ物からマグネシウムを摂るのは大変です!

現代のストレス社会では、それを解消するための、あなたの体内での、マグネシウムの消費量も上がっていることが予想されます。

そのために積極的にマグネシウムを摂ることが大切になります。

マグネシウムは、葉野菜、カボチャの種、ゴマなどに多く含まれています。

またスーパーフードと言われている「スピルリナ」やナッツ類にも含まれています。

しかしここで大きな問題があります。

食物に含まれる、マグネシウムの大部分は、消化吸収の過程で失われてしまうというのです。

なのでこれらの食品を大量に食べないとなりません。

またサプリで口から補おうとしても、大量のマグネシウムサプリを飲む必要があるのです。

これではお腹を壊してしまいます。

 

マグネシウムは皮膚に塗る!

最近は皮膚に貼る薬が増えてきました。

昔は皮膚に貼る薬は、打ち身に貼る湿布くらいでしたが、最近では喘息の気管支拡張薬や、心臓の薬、はてはパーキンソン病の薬も皮膚に貼っていますね。

これは皮膚に貼ることで、皮膚から時間をかけて、薬を吸収することで、常に安定的に薬の効果を期待できるからです。

また消化の過程で分解されることもありません。

なぜなら薬は、皮膚から直接に血管に入って行くからです。

これをマグネシウムに応用することができるのです。

つまり「体内のマグネシウムレベルを安定的・効率的に高める」ためには『マグネシウムを皮膚に塗る』のが一番良いのです。

最近では「マグネシウム・スプレー」が出来ていますので、これを寝る前に、皮膚に塗るのが一番手っ取り早い方法になります。

アマゾンや楽天で検索していただくと、これらの「マグネシウム・スプレー」が見つかります。

ただし中には、水に溶かして飲むタイプのものもありますから、注意してくださいね。

 

マグネシウムを塗る場所

マグネシウムは寝る前に、次の場所に塗るのが良いでしょう。

⑴ 痛みを感じる筋肉の上の皮膚

⑵ 胸の中心(心臓に近い場所)

⑶ 首筋や肩(ストレスが溜まりやすい場所)

 

エプソムソルトの入浴剤

入浴剤に「エプソムソルト」を使うのも良いでしょう。

「エプソムソルト」は硫酸マグネシウムが主成分なので、これでもある程度は、皮膚からのマグネシウムの吸収が期待できます。

純度の高い「マグネシウム・スプレー」よりは劣りますが、簡単に利用できるのはメリットですね。

 

マグネシウムは特殊なミネラルなので、食事から十分な量を摂取するのは、とても大変です。

またマグネシウムを摂取するために、偏った食事を摂ることは、健康全体を見渡した場合、あまり良い方法とは思えません。

またマグネシウムは消化吸収の過程で、そのほとんどが失われてしまうため、口からの摂取では限界があります。

しかし現代のストレス社会では、私たちの体内での、マグネシウムの消費量は増えてしまっています。

それに対して、マグネシウムを皮膚に塗る方法は、現在のところ、一番効果的なマグネシウムの摂取方法であると思われます。

ストレスが溜まって眠れないと感じている場合、このマグネシウムに気をつけてみると良いかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

次回記事はこちら

運動不足解消! でも無理するともっとひどい状態に!

 

 

関連記事

  1. 辛いのはダメ! 脳をコントロールして楽々ニューロダイエット! そ…
  2. 健康とダイエットのための腸内細菌の上手な育て方5つのポイント
  3. 人間100年時代の生活設計と健康について考える!
  4. 人生100年時代の人生設計を考える!
  5. キャノーラ油を食べると早死にしますよ!
  6. 究極の健康ダイエット食で大腸のマイクロバイオータを育てる!
  7. 辛いのはダメ! 脳をコントロールして楽々ニューロダイエット! そ…
  8. 辛いのはダメ! 脳をコントロールして楽々ニューロダイエット! そ…

おすすめ記事

PAGE TOP