リハビリ裏話

そう言えば最近は関節可動域訓練をやらなくなったなぁ!

 

むかし私が理学療法学科の学生の頃には、授業で手足の関節の関節可動域の測り方と、その関節可動域を拡げるための、関節可動域訓練(ROM ex)を厳しく教えられたものです。

しかし何十年も臨床経験を積んで、ベテランになってみると、関節可動域なんてまず測りませんし、関節可動域訓練なんてやりません(笑)

ベテランになって手抜きを覚えた?

いえいえ、それは違います。

 

私は自分のリハビリアプローチで手を抜くことは、絶対にいたしません。

まあその日の体調で、とても集中力が高まっていて、勘が冴え渡っている時と、なんかイマイチなコンディションの時はありますが。

常にその時のベストを尽くしていますよ。

 

そうではなくて、関節可動域を測ったり、関節可動域訓練をすること自体が、古典的で時代遅れなアプローチになってしまったという事です。

医学は急速に進歩していますから、比較的に進歩のスピードが遅めの、リハビリテーションの世界にも、イノベーションの波は絶えずやってきています。

たとえば脳卒中や脳性麻痺の方の、手足の関節が硬くこわばっているのは、脳の運動神経細胞と感覚神経細胞のリレーションの問題で、神経のコントロールが混乱しているからです。

 

ですからその状態の関節を、ただ単純に繰り返し曲げ伸ばしするなんて、そんな原始的で乱暴な方法は、21世紀のセラピストなら、やらないわけです。

原始人のシャーマンじゃあるまいしね www

 

でも今でも大学の理学療法学科では、大真面目に関節可動域訓練を教えているのでしょうね。

まあ文部科学省は、省庁の中で、一番保守的で改革を嫌うところですから。

大学の教育内容は、明治時代から変えなくても問題ないと思っているような、とても頑固で石頭なところなんです。

モリカケ問題で証人になった、日本女性の貧困調査をライフワークにしておられる、文部科学省の元事務次官の前川喜平さんが、「内閣府から無理やりに獣医学部の認可を強制された」なんて証言していました。

それに対して元愛媛県知事の加戸守之さんが、「愛媛に獣医学部を新設するために、内閣府が文部科学省の岩盤規制に穴を開けてくれた」と証言していましたが、内閣府でも手を焼くくらい、文部科学省は石頭なのです。

 

しかも教育の現場で教授などになられている、教育を専門にされている理学療法士の皆さんは、臨床経験がほとんどないのです。

ですから彼らは、文部科学省のガイドラインに従って決められていることを、ただそのまま学生に教えることしかできません。

なのでそのままでは役に立たない知識しか持っていない、新人理学療法士を量産することになります。

 

私たちベテランは、彼らを量産型理学療法士とよんで、初期型の理学療法士とは区別しています(嘘です)。

 

そしてベテランのいる臨床現場では、医療費削減で、とにかくコマネズミのように、稼ぐことを要求されますから、新人の教育に割く時間はほとんどありません。

そのために最新の有益な技術が、なかなか拡がっていかないのです。

本当になんかいい方法はないでしょうか?

 

これからの新人の理学療法士を、効率よく使えるセラピストに育てる方法!

なんか無いかなあと考えている、今日この頃です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 日本の医療費削減とリハビリテーションへの影響! 与えられる医療へ…
  2. あなたは我が子を信じなさい! 小児のニューロリハビリで感じること…
  3. 『悲報』脳卒中の日常生活動作訓練が片麻痺の回復を妨げることについ…
  4. なぜ病院の回復期リハビリ病棟では日常生活訓練ばかりするのか?
  5. 本当に助けが必要なのは誰なのか?
  6. なぜ現代人はブクブク肥え太っても貪り食うのを止められないのか?
  7. まだデイケアで消耗してるの?(笑)
  8. デイケアやデイサービスで受ける介護保険のリハビリはどうしてショボ…

おすすめ記事

PAGE TOP